レディオヘッド、ハイチ救援のためスペシャル・パフォーマンス

ツイート
レディオヘッドが日曜日(1月24日)、ハイチ救援のためLAでスペシャル・パフォーマンスを行なった。ギグ開催の告知はそのわずか数日前、チケットはバンドのオフィシャル・サイトにてオークションというかたちで売りに出された。

『Los Angeles Times』紙によると、チケット1枚の最低入札価格は475ドル(約4万3,000円)だったという。バンドはその総売り上げ、57万2,754ドル(約5,200万円)をOxfam Internationalに寄付している。

会場にはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、ジャスティン・ティンバーレイク、007のダニエル・クレイグ、女優のシャリーズ・セロン、ドリュー・バリモアなどの姿がみられたそうだ。バンドは「Karma Police」や「Kid A」「Paranoid Android」といったヒット曲に加え、新曲「Lotus Flower」も披露。2時間以上のパフォーマンスになったという。

この夜のセットリストは以下の通り。

「Faust Arp」
「Fake Plastic Trees」
「Arpeggi」
「National Anthem」
「Nude」
「Karma Police」
「Kid A」
「Morning Bell」
「How To Disappear Completely」
「Wolf at the Door」
「The Bends」
「Reckoner」
「Lucky」
「Bodysnatchers」
「Dollars & Cents」
「Airbag」
「Exit Music」
1stアンコール
「Everything In Its Right Place」
「You & Whose Army?」
「Pyramid Song」
「All I Need」
2ndアンコール
「Lotus Flower」
「Paranoid Android」
「Street Spirit」

このギグを行なったことにより、バンドがLAで新作のレコーディング中だという秘密(?)がばれてしまった。

また、彼らが寄付金を贈呈したOxfam Internationalでは、ハイチ救援を目的にミュージシャンのメモラビリア・オークションを開催中。レディオヘッドのほか、デーモン・アルバーン、コールドプレイ、アークティック・モンキーズ、ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリー、パール・ジャム、クラクソンズ、プラシーボ、エディターズ、マーク・ロンソン、ケミカル・ブラザーズ、ベースメント・ジャックス、ダイド、MIKA、ラ・ルー、フローレンス&ザ・マシーン、アニー・レノックスからのアイテム37品が出品されている。中でもレアなのは、デーモン・アルバーンが書き下ろし/レコーディングしたプライベート・トラック入りのカセット・テープ。現在のところ、5,200ポンド(約76万円)の価格が付いている。オークションはeBayにて2月1日まで開催。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報