ディップセット、ライムセイヤーズも続々ハイチ支援チャリティに。

ツイート

U2からジェイ・Z(Jay-Z)、マドンナ(Madonna)までが参加したチャリティ番組"Hope for Haiti Now"も注目されたハイチ支援を訴えるミュージシャンたちの活動だが、その他にも多数のアーティストたちが次々に動き出している。

米ニューヨークの人気グループだったディプロマッツ(the Diplomats aka Dipset)が、ジム・ジョーンズ(Jim Jones)、ジュエルズ・サンタナ(Juelz Santana)という2枚看板が参加してのライブを2月9日に開催すると発表。キャムロン(Cam'ron)の参加こそないものの、分裂状態だった同クルーが改めて集まることになりそうだ。

またとにかく良質の音楽ばかりをリリースし続けてきたインディ・レーベルRhymesayersは、アトモスフィア(Atmosphere)のラッパー、スラッグ(Slug)にブラザー・アリ(Brother Ali)、ジェイク・ワン(Jake One)など強力メンバーに加え、新たにメンバーとなったフリーウェイ(Freeway)も参加してのチャリティライブを同じく2月9日に米ミネアポリスのFirst Avenueで開催する。

また‘ヒップホップビジネスマン’ことディディ(Diddy)は、23日に息子のジャスティン(Justin)の誕生日パーティを、多数のセレブを招きつつもノンアルコールという形式で開催。そのプレゼントの一環として、ジャスティン名義でワイクリフ・ジョン(Wyclef Jean)によるハイチ支援団体Yele Haitiに1万ドル(約90万円)を寄付したとのこと。

◆ジム・ジョーンズ Artist Info(notrax)
◆ジム・ジョーンズ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報