クリスティン・スチュワート、『ザ・ランナウェイズ』でキスシーン

twitterツイート
新作映画『ザ・ランナウェイズ』でのレズビアン同士のキスシーンは、クリスティン・スチュワート(写真)にとっては何の問題もないことだったそうだ。ランナウェイズの伝記映画でジョーン・ジェットを演じる19歳の女優クリスティンは、シェリー・カーリーを演じるダコタ・ファニングとのキスシーンには緊張しなかったという。

「私にとっては大した事じゃなかったわ。」「特にシーンの組み込まれているストーリー自体がよかったの。『最後に2人は幸せに暮らしましたとさ』みたいじゃなくて。もっと深いものなのよ。」「2人の関係は素晴らしく、話すに値するわ。10代の何もない時から始まり人生を成功に導いたという事実がね。」

しかし、映画の中で歌う事についてクリスティンは自信がなかったと語った。「ジョーン・ジェットにはすごい訛りがあって、彼女の真似をしてる自分がばかっぽくならずに、彼女のような歌い方をしようとしたの。」

「ランナウェイズの自伝ということで、一流の脚本家が書いたような映画とは全く違うものになったわ。2人の人生の最高の時を知れば、誰もが2人を尊敬するでしょうね。」とMTVの取材に応えた。

BANG Media International
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報