日本初“ドネーションミュージック”でハイチを支援

twitterツイート
日本初となる“ドネーションミュージック”の第一弾企画として注目される「BEYOND THE BORDER PROJECT」。そのプロジェクトを記念したイベント<BEYOND THE BORDER NIGHT>が、2月2日(火)東京・北青山FIAT SPACEで行なわれた。

◆日本初“ドネーションミュージック”でハイチを支援~画像~

「BEYOND THE BORDER PROJECT」は、現在放送されているACジャパン(旧公共広告機構)の国境なき医師団支援キャンペーンCMテーマソング「BEYOND THE BORDER」の、収益(流通経費を除く)をすべて国境なき医師団へドネーション(寄付)するプロジェクトとして現在活動している、日本初の“ドネーションミュージック”の第一弾企画。

今回のイベントでは、一般入場料2500円(1ドリンク付)のうち、500円が国境なき医師団へドネーションされ、1月12日に地震で被災したハイチへの救援を支援する。

当日は、楽曲のコンポーザーであるbleurの他に、GTS、Moodman、青木カレン、野本かりあ、そして、最近テレビでその姿を見ることも多い我無謝羅応援団による熱いステージが繰り広げられた。

今回のイベントを指揮するbleurの望月衛介は、「いろいろなジャンルのアーティストが同じ志を持って、同じ空間を共有出できたことを誇りに思います。今回の楽曲タイトル通り、国境のない、ボーダレスなワールドミュージックを体感してください」と語った。

テーマソング「BEYOND THE BORDER」は、2009年9月の配信開始以降、現在もなお、各音楽配信サイトでチャート入りしている。

【ドネーションミュージックとは】
購入と同時に購入代金の一部が任意の団体に寄付されることを目的に制作された音楽のこと。販売により音楽制作者が受け取る対価である音楽原盤印税を寄付の対象とする。従来のチャリティー音楽は収益の一部の寄付であったが、ドネーションミュージックは販売促進を目的にはしていないため、アーティスト印税も含む原盤印税収益のすべてを対象期間において寄付することを基本とする。
※配信販売の場合、小売り価格の約50%が原盤印税に相当。

◆BEYOND THE BORDER 公式サイト
◆国境なき医師団日本
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス