2010年版”We Are The World”、アカデミー受賞監督によるビデオも制作。

ツイート

豪華スターたちが勢揃いした2010年版"We Are The World"だが、さらに有名監督による新たなミュージックビデオも制作されることが分かった。

ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)、ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx )、アース・ウインド&ファイアー(Earth, Wind & Fire)、エイコン(Akon)、リル・ウェイン](Lil Wayne)、カニエ・ウェスト(Kanye West)、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)のウィル・アイ・アム(will.i.am)、セリーヌ・ディオン(Celine Dion)、バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)など、そうそうたる顔ぶれの豪華アーティストがハイチ支援のために集結した"We Are The World - 25 for Haiti"。今回新たに、『ミリオンダラー・ベイビー』などの脚本家として知られ、自身が監督/脚本/製作を務めた『クラッシュ』でアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞したポール・ハギス(Paul Haggis)が、"We Are The World - 25 for Haiti"のミュージックビデオの撮影をしたことが明らかになった。

このビデオは、今月12日に行われるバンクーバー冬期オリンピックの開会式で初めて公開される予定のレコーディング風景を使ったものとはまた別のバージョンになるという。この2つのビデオはオンラインで発売され、その売り上げはクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)、ライオネル・リッチー(Lionel Richie)、ワイクリフ・ジョン(Wyclef Jean)、ハギスらが今回新たに立ち上げたNPO団体のWe Are The World基金を通じて、ハイチ大地震の救援にあてられる。"We Are The World - 25 for Haiti"のシングルやミュージックビデオの発売日については追って発表されるとのこと。

◆ライオネル・リッチー Artist Info(notrax)
◆ライオネル・リッチー Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報