陽水孫の顔、依布サラサが連載で公開

twitterツイート
1月19日に日本テレビ系列「踊る!さんま御殿!!」に出演し、現在6歳の娘がいるシングルマザーであることを初告白した、シンガー・作詞家の依布サラサ。彼女が、本名の井上ニサ名義で、子育てにまつわるエッセイの連載を開始することになり、その誌面上で、自身の娘、すなわち井上陽水と石川セリの孫の素顔を初公開することがわかった。

連載を開始するのは、おしゃれママ向けのファッション&ライフスタイル誌「ニナーズ(nina's)」(祥伝社・2/6発売3月号)で、エッセイのタイトルは「井上ニサのゆ~るゆるオモシロ子育てがみ」。

サラサの本名である「井上ニサ」名義での公の活動は初めてで、母子のカラー写真が掲載された誌面では、娘の本名も初公表している。

内容はタイトルの通り、26歳のヤングママである依布サラサが、母子でありながら時に女友達でもある娘との日々の交流を、飾らない頑張り過ぎない、等身大な子育て記として赤裸々に綴っているという。

また、娘の祖父である陽水との交流にも触れ、「私(サラサ)ですら2人の間に入りづらい時があるほど、なんだか通じ合っているふたり。娘の不思議なキャラクターは、陽水節からきているのでは?」などと興味深いエピソードも綴られている。

今回サラサは、このエッセイと同時にもうひとつ連載エッセイをスタートさせる。こちらは人気女性コミック誌「フィール・ヤング」(祥伝社・2/8発売3月号)で始まる「依布サラサのうれし、いそがし交遊記」。

シンガー・作詞家としての依布サラサ名義で、巷で話題の「2・3世会」(サラサのほかに、大沢親分の孫・大沢あかね、明石家さんまと大竹しのぶの娘・IMALU、関根勤の娘・関根麻里、石橋貴明の娘・穂のか、矢沢永吉の娘でロックユニットthe generousのヴォーカル・yoko、大和田獏と岡江久美子の娘・大和田美帆らが名を連ねているという2・3世芸能人の集まり)や、父・井上陽水とのエピソードなども含めた、自身の交遊録を綴っていく予定とのこと。

◆「井上ニサのゆ~るゆるオモシロ子育てがみ」
おしゃれママ向けのファッション&ライフスタイル誌 偶数月7日発売(隔月刊)
「ニナーズ(nina's)」(祥伝社刊)
 2010年2月6日発売3月号より連載開始
井上ニサの子育てをテーマにしたエッセイ。娘と井上家の楽しいエピソードを紹介。

◆「依布サラサのうれし、いそがし交遊記」
女性コミック雑誌 毎月8日発売
「フィール・ヤング」(祥伝社刊) (月刊)
2010年2月8日発売3月号より連載開始
依布サラサのお友だちやまわりの方々との交遊をテーマにしたエッセイ。「2・3世会」をはじめ、楽しいエピソード満載。

◆オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報