ディック・デイルのシグネイチャー・アコースティック登場

ツイート
キング・オブ・サーフギターの異名を持つディック・デイルのシグネイチャー・モデルがフェンダーUSAからリリースとなった。ストラトに続き、今回はアコースティック・ギターである。

◆ディック・デイルのシグネイチャー・モデル画像

今回登場したのは2本。トップのイラストが印象的なリミテッドエディション・マリブCEと、真っ赤なマリブSCEだ。

彼自身のシグネイチャー・マリブSCEをベーシックにデザインしたリミテッド・エディションは、既存のマリブよりも薄い3インチのボディ厚、リバース・ヘッドストックを採用。
印象的なアートワークは、ライブ・ステージとサーフィンと、そして1962年にリリースされサーフ・インストのジャンルを確立した歴史的アルバム『Surfer's Choice』のジャケット・デザインからインスパイアされている。ソフトケース付で、実勢価格は4~5万円となる。

一方の真っ赤なFender USA Dick Dale Signature Malibu SCEも、3インチの薄いボディ厚を持ち、エレアコで使用する際のフィードバック軽減に効果的な設計。リバースヘッドストック、デュアルピックガード、鮮やかなサーフィンレッドカラーが特徴だ。ハードケース付で実勢価格8万円程度。ネット幅は41mmという細身で、ミディアムスケールという設計は、ライブでも非常に取り回しやすいところだろう。

もう一本のマホガニーカラーのモデルは、キングマンSCEと名付けられたジミー・デイルのモデルだ。そう、ディック・デイルを父に持つ彼らのモデルも同時に登場となった。父ディック・デイルと同様、3インチ厚のマホガニーボディに、印象的なデュアルピックガードというルックスを持ち、ヘッドの向きが違う程度の違いしかないように見えるが、実はこちらはナット幅43mmのロングスケール仕様だ。弾き心地、鳴り方自体に違いが出るところなので、ディック・デイル・モデルとの比較も面白いところだろう。こちらもハードケース付で実勢価格8万円程度である。

Fender USA Dick Dale Signature Limited Edition Malibu CE
・TOP材:Laminated Spruce
・SIDE材:Laminated Mahogany
・BACK材:Laminated Mahogany
・NECK材:Maple, Vintage "C" Shape
・指板材:Rosewood
・弦長&ナット幅:628.65mm & 41mm
・BRIDGE材:Rosewood
・PICKUP:Fender FTE3
・FINISH:Surfer's Choice Artwork
・付属品:Soft Case
・実勢価格4~5万円程度

Fender USA Dick Dale Signature Malibu SCE
・TOP材:Solid Mahogany
・SIDE材:Solid Mahogany
・BACK材:Solid Mahogany
・NECK材:Maple, Vintage "C" Shape
・指板材:Rosewood
・弦長&ナット幅:628.65mm & 41mm
・BRIDGE材:Rosewood
・PICKUP:fishman Presys
・FINISH:Surfin Red
・付属品:Hard Case
・実勢価格8万円程度

Fender USA Jimmy Dale Signature Kingman SCE
・TOP材:Solid Mahogany
・SIDE材:Solid Mahogany
・BACK材:Solid Mahogany
・NECK材:Maple, Vintage "C" Shape
・指板材:Rosewood
・弦長&ナット幅:643mm & 43mm
・BRIDGE材:Rosewood
・PICKUP:Fishman Presys
・FINISH:Natural
・付属品:Hard Case
・実勢価格8万円程度
この記事をツイート

この記事の関連情報