千住真理子、デビュー35周年記念コンサートを開催

ツイート
2月13日(土)、千住真理子がデビュー35周年記念コンサートを東京新宿区の東京オペラシティ・コンサートホールで行ない、1月にリリースされたアルバム『心に残る3つのソナタ~フランク、フォーレ&モーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ集~』に収録された3つのソナタを披露した。

◆千住真理子画像

午前、午後の2部公演となったこの日、自身MCで「こんなに早い時間の公演はめったにない」と語っていた午前の部は、11時からのスタート。千住真理子とピアノの藤井一興による演奏で「モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ ホ短調第28番K.304」「フォーレ/ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ短調op.13」「フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ短調」という、今作アルバム収録曲の3つのソナタを、途中MCを挟みつつ披露した。

この3つのソナタを、千住真理子自身「常に自分の心を支えてくれた」と語っている。モーツァルトのヴァイオリン・ソナタでは美しくも悲しいメロディを、繊細ながらも彼女らしい情熱と力強さを秘めた音色で表現。「ストラディヴァリウス・デュランティに捧げるソナタ」と語っているフォーレのヴァイオリン・ソナタでは、弾き込むほどに一層響きの美しさが増してきたデュランティが、美しいメロディにのせて時に情熱的に、時に軽やかに、そして優しく…と、その深く芳醇な音色を会場の隅々にまで響きわらせる。そしてフランクのヴァイオリン・ソナタでは各章ごとに様ざまに移り変わる絵画のような楽曲の情景を、色彩感覚豊かに表現していた。

この日アンコールでは「チャルダッシュ」などを披露。この日会場を訪れた聴衆は、飽くことなき美しさを秘めたこのヴァイオリンの音色を心行くまで堪能したことだろう。

演奏終了後は会場内でサイン会も実施され、長蛇の列を作ったファンのひとりひとりから、多くの祝辞、賛辞が寄せられていた。

その後、午後の部となった14:30スタートの公演では、千住真理子とNHK交響楽団のメンバーによるアンサンブルが披露された。千住真理子のレパートリーとして、ファンからの人気が最も高い「J.S.バッハ/G線上のアリア」や、実兄である作曲家の千住明編曲による「J.S.バッハ/2つのメヌエット」、「ヴィターリ/シャコンヌ」などを演奏。そして更に、こちらも彼女のレパートリーとして非常に人気が高い「ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲 四季」などを演奏し、この日のコンサートの幕を閉じた。

『心に残る3つのソナタ~フランク、フォーレ&モーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ集~』
2010年1月27日発売 TOCE-56267(CD+DVD) ¥3,500(税込)
1.ヴァイオリン・ソナタ イ長調(フランク)
2.ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304(300c)(モーツァルト)
3.ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 作品13(フォーレ)
ボーナス・トラック
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー(野村不動産PROUD CM曲)
※特典DVD:G線上のアリア(J.S.バッハ)、愛の挨拶(エルガー)+スペシャル・インタビュー

◆千住真理子オフィシャルサイト
◆千住真理子レーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報