ザ・ナックのダグ・フィーガー、逝去

ツイート
2010年2月14日、ザ・ナックのフロントマン:ダグ・フィーガーが癌のため、息を引き取った。享年57歳だった。

今から6年前に癌を発見、治療を続けながらも精力的に音楽活動を続け、2005年でのフジ・ロック・フェスティバルではその雄姿を見せ付けてくれたが、ここ最近は脳腫瘍と肺癌を併発し痛みを抑えながらの闘病生活を送っていた。治療の甲斐なく、その人生の幕が閉じられることになってしまった。

1979年に発表された不朽の名作「マイ・シャローナ」は、当時ダグ・フィーガーが17歳の少女シャローナへの恋心を歌にしたもの。全米チャート6週連続1位を記録したこの曲は、1979年を代表するポップソングの金字塔となった。

すばらしい才能は、天国で再び、ひときわ素晴らしいサウンドを奏でることだろう。哀悼の意を表します。
この記事をツイート

この記事の関連情報