シャイン、Def Jamと数億円規模の契約成立か?!

ツイート

昨年、8年以上の服役を経てようやく出所した矢先に生国ベリーズへと強制送還されたラッパー、シャイン(Shyne)が、Def Jamと数億円規模の契約を結んだという。

ラジオやネットなどのヒップホップ・メディアで活躍するミス・インフォ(Miss Info)がブログに「‘7ケタ’ドル(日本円で億単位)の契約をシャインとDef Jamが結んだと、複数のソースから確認をとったわ。多くのレーベルがベリーズまで出向いて彼の争奪戦をしていたけど、これで終わり」などと投稿。ミス・インフォによるとドクター・ドレー(Dr. Dre)のAftermath/Interscopeなどもシャイン獲得に動いていた模様。またマネージメントに関しては、ドレイク(Drake)、ヤング・ジージー(Young Jeezy)、リル・ウェイン(Lil Wayne)といった人気ラッパーが多数所属するHipHopSince1978との契約が成立したという。

シャインは90年代を代表するラッパー、故ノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)の再来としてBad Boyレーベルから華々しくデビューするも、1999年にディディ(Diddy)やその恋人だったジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)らを巻き込んだクラブでの発砲事件で有罪に。昨年の出所後もいきなり国外退去と不遇が続いていたが、ようやくキャリア復帰への道が見えたことになる。現在、ベリーズにプロデューサーを召喚して新作の制作を進めているシャインだが、先日、レコーディングのために渡英したところ、書類の不備で入国を拒否されたほか、参加予定だった3月2日発売予定のDJキャレド(DJ Khaled)の新作"Victory"の最終トラックリストから外れるなど、再出発の準備が整うには少し時間がかかりそうだ。

◆シャイン Artist Info(notrax)
◆シャイン Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報