アヴリル・ラヴィーン、『アリス・イン・ワンダーランド』ワールドプレミアに登場

ツイート
4月17日全国ロードショーとなる映画『アリス・イン・ワンダーランド』のワールドプレミアが2月25日(金)(日本時間2月26日早朝)に、ロンドンの中心部にあるザ・オデオン・レスター・スクエア劇場にて開催され、エンディングソング「アリス」を歌うアヴリル・ラヴィーンが登場した。

◆アヴリル・ラヴィーン画像

会場となったレスター・スクエアは、200メートルの緑のカーペットが敷かれ、ワンダーランドのイメージで装飾されていた。あいにくの冷たい雨が降る悪天候ではありながら、思い思いのキャラクターのコスチュームで着飾った3000人を超えるファンが集まり、会場は大いに盛り上がっていた。

アヴリル・ラヴィーンは、主演のジョニー・デップ、監督ティム・バートン等とともに登場。ドルチェ&ガッバーナの黒のマーメイド・ドレスを身にまとい華麗にグリーン・カーペットに現れたアヴリルは、「今日は雨だけど、とても素敵だわ!ティム・バートンンの映画に関われたことも、『アリス・イン・ワンダーランド』に曲を提供できたことも、今日こうしてこんなに素晴らしいイベントに参加できたことも、全ての経験がとてもエキサイティングだわ!」と明るくメッセージ。

このプレミアのために集まったスチールカメラマン100人、世界中からのテレビカメラ50台以上に、終始笑顔でこの映画に関わった喜びを語ったアヴリルは、この日、ネイルまで「アリス」仕様になっていた模様。ネイルにはアリスをイメージした黒と赤のトランプ模様が施されていたようで、細部にまでこだわるアヴリルらしいファッションと言えるものだった。

アヴリル自身が映画の予告編を見て書き下ろした新曲「アリス」は、ミックスをSUM41のデリック・ウィブリーが担当。現在はニューアルバムの制作に突入しているが、以前お伝えしたように、アルバムのプロデュースもデリック・ウィブリーがしっかり担っている。アルバムは2010年内を予定しているようだ。なお、最新作「アリス」の着うた(R)は3月1日(月)より一斉配信スタートとなった。
この記事をツイート

この記事の関連情報