ギャング・スターのグールー、昏睡状態に?

ツイート

80年代末から活躍し、黄金期と呼ばれる90年代ヒップホップのなかでも特に傑作を連発したデュオ、ギャング・スター(Gang Starr)のグールー(Guru)が現在昏睡状態にあるという。

ヒップホップ・ブログPhilaflavaがグールーの妹Triciaの話として掲載した記事や、ラジオパーソナリティのミス・インフォ(Miss Info)など複数の情報筋から確認されたもので、グールーは心臓発作を起こして倒れ、ニューヨーク病院に収容。一時は心停止に陥りかけたが、蘇生措置が行われ、現在昏睡状態にあるという。彼はこの後手術を受ける予定とのこと。

現在のところ倒れた状況などは不明で、彼と共にギャング・スターの伝説的活動を行ったDJプレミア(DJ Premier)もラジオに出演して病状についてコメントすると発表された後、結局は中止するなど、病状は予断を許さない状況にあると推測されている。

グールー(本名Keith Elam)は1966年生まれの43歳。ギャング・スターとして1989年に"No More Mr. Nice Guy"でアルバムデビュー。その後もジャズをサンプリングしたヒップホップ・スタイルの先駆者となったほか、独自の骨太な未来的感覚あふれるヒップホップ作品を連発。ソロとしてもジャズ・ミュージシャンとのコラボレート企画として始まった"Jazzmatazz"シリーズなどを発表、ヒップホップ・シーンに大きな足跡を残してきた人物。既に多くのヒップホップ・アーティストやファンがTwitterなどで彼の快復を祈る声を挙げている。

◆グールー Artist Info(notrax)
◆グールー Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報