“元”鼠先輩が激怒?風流~fool youに盗作疑惑

ツイート

3月3日にミニ・アルバム『再恋STORY』でデビューしたヴォーカル&ラップ・ユニット、風流~fool you(ふうりゅう)に、ある人物から盗作疑惑がかけられているという。その人物とは、2008年に「六本木 ~GIROPPON~」で一世を風靡するも、2009年末に疾風のごとく芸能界を引退した“元”鼠先輩だ。

“元”鼠先輩は、風流~fool youの楽曲「再恋STORY」の歌詞の内容について「俺の人生を断りも無く勝手に歌にしているヤツは誰だ!?」と主張。復活愛を歌った「再恋STORY」の歌詞が、自身の人生そのものなのだそうだ。

“元”鼠先輩は、20歳で別れた地元岡山のお嬢様と「30歳になる10年後に東京タワーで会おう」と古い少女漫画風のロマンティックな約束を交わし、念願かなって10年後にその彼女と再会。喜びに浮かれ改めて告白するも、あえなく撃沈。しばらく彼女との連絡が途絶えるが、「六本木 ~GIROPPON~」でデビューした後にもう一度彼女と会い、意を決して2度目の告白。すると今度は見事に彼女のハートを射止め、なんと現在その彼女は“元”鼠先輩夫人となっている。

“元”鼠先輩曰く「自分とかみさんの大切な思い出が無断でそのまま歌詞にされている。再びの恋と書いて再恋? あぁ、そのフレーズも多分私が発明したんだと思いますよ。テレビで観てから、気になって歌詞を読んでみたんです。そこで私たちのことがまんま歌にされたのを知ったんですよ、ビックリしましたよ、えぇ。訴えることも一時は考えました」と、自らの人生が無断で歌詞に引用されたといたくご立腹の様子。

しかし、「最初は無断で私たちの話が使われたっていう所で怒り心頭だったし、どうやって俺たちのプライベートな事を調べたんだろうと、鼠が狐につままれたような不思議な気持ちでしたが、何か歌詞を読んでる内にかみさんにダメ元で2度目の告白をしたあの頃の気持ちを思い出しちゃって、最後は号泣ですよ、号泣」と涙ぐんでいる。

さらに、「紆余曲折あってようやくチャンスを掴んだという意味では、彼らのキャリアと私のキャリアって似ている部分がありますよね。歌詞もメロディもタイトルも本当は僕が作った気がしますが、ここは度量の大きいところを見せておきたいので、不問に付します。風流~fool youのyoshioくんは同郷の後輩ですし、何よりも私、“先輩“ですから」と、風流~fool youにエールを贈った。

「再恋STORY」は、2月10日のレコチョク着うた(R)、24日のレコチョク着うたフル(R)配信スタート後、上位をキープし続けているだけに、同曲を含む6曲入りミニ・アルバム『再恋STORY』のチャート・アクションにも注目だ。それにしても“元”鼠先輩ってば、引退後も話題に事欠かない人物だな。

風流~fool you Debut Mini Album
『再恋STORY』
2010年3月3日発売
TKCA-73515 ¥2,100(tax in)
1. 再恋STORY
2. ナントカナル
3. FOOL?
4. タカラモノ
5. 晴れ晴れ
6. 再恋STORY(western version)

◆風流~fool you オフィシャルサイト
◆風流~fool you オフィシャルブログ
◆風流~fool you Mixi
◆風流~fool you レーベルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報