mothercoat、LOVE LOVE LOVEらと共演、monokuro企画<MIND GAME>レポ

ツイート

約2年半ぶりとなるmonokuroの企画<MIND GAME>が、下北沢SHELTERにて行なわれた。前回同様、今回も多種多様のメンツが顔を揃えた。

◆monokuro企画<MIND GAME>レポ~画像編~

オープニングアクトとして登場したircle。「この場にいる一人の気持ちも変えられない人間にはなりたくない」と語る彼らのライブは、感情的でどこか野生的な泥臭さを感じるものであった。

続くmothercoat。彼らだからこそ創れる不思議な音が会場を満たす。観客はその音に圧倒され、自然と身体を音に委ねていく。考えるのではなく、体感する音楽がその場に居るすべての人を包んでいた。

続いて登場したのはLOVE LOVE LOVE。安定感のある演奏によってVo.寺井の声がより伸やかに響く。 彼らが「今、一番聴いてほしい」と話す「プラネタリウム」が最後に演奏される。優しく語りかけるような声に聴き入る観客がとても印象的であった。

そして、この日のトリを飾るのは今回の主催者であるmonokuro。2009年にリリースされたアルバム『CLASSIC』から「Hard Rock Heat Rock」「Do It」「Sam Sam Way」と立て続けに3曲を演奏する。すると会場の温度も徐々に上がっていく。朝日が昇るようにじわじわと音が広がっていく「Oak Sound」が披露されたころには、観客は完全にmonokuroの世界に引き込まれていた。

その後も「Lo-Fi Sunshine」「Acoustic」と続くアップテンポな音に乗せられ、会場の温度は最高潮に達する。そこに追い込みをかけるかのようにVo.磯谷が観客に向かい「もっと出来るだろう?」と言葉を投げかける。観客もそれに応えるように、その場には、たくさんの拍手や手が上がっていた。そして、ライブはラストに向かい速度を上げていく。最後は、お馴染みの「C'mon」にて締めくくられた。

しかし、まだ満足が出来ない観客からはアンコールを求める拍手が止まない。それに応えるようにmonokuroが再びステージに現れる。アンコールは「Hello」。すごく優しい歌声に心が温かくなった。

今回の<MIND GAME>も出演者それぞれの個性が輝き、融合することによって素晴らしい空間がそこにはあった。この日出演したすべてのバンドの今後の動向に期待せずにはいられない。

TEXT:佐藤いづみ / Photo:釘野孝宏

   ◆   ◆   ◆

なお、音楽情報配信サイト the LIVE Music Magazineにて、monokuro磯谷直史による連載がスタート。第1回は今回共演を果たしたLOVE LOVE LOVE 寺井とmothercoat ギガヒトカズを迎え、3人のフロントマンによる音楽談義を繰り広げているので要チェックだ。

◆the LIVE Music Magazine monokuro 磯谷直史の『Across the meeting』

<Live Info.>
■monokuro
<TJ&OKBの今夜は代々木deディスコ 4周年スペシャル>
3/6(土) Zher the ZOO YOYOGI
OPEN 17:00 / START 17:30 TICKET 2,500 / 2,800
Live:hare-brained unity / No Surprises!!! / ザ・ガールハント / nano sound museum
DJ:kagari/KKZ
info:03-5358-4491 (Zher the ZOO YOYOGI)
◆チケット詳細&購入ページ

■mothercoat
<感情分裂>
3/9(火) 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
OPEN 18:30 / START 19:00 TICKET 1,800 / 2,000
w/kacica,UT,.....tba,Jackie Low
info:052-262-5150(CLUB ROCK'N'ROLL)

■LOVE LOVE LOVE
<LOVE LOVE LOVE ONE MAN LIVE 2010 「ソラノムコウガワ」>
3/25(木)下北沢SHELTER
OPEN 18:30 / START 19:00 TICKET 2,500
info:03-5486-1099(VINTAGE ROCK)

◆monokuro オフィシャル・サイト
◆mothercoat オフィシャル・サイト
◆LOVE LOVE LOVE オフィシャル・サイト
◆ircle オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報