「ショパン・イヤー応援隊長」に就任した美人すぎるピアニスト、アリス=紗良・オット

twitterツイート
美人すぎるピアニスト、アリス=紗良・オット。日本人とドイツ人の両親の間に生まれた現在21歳のアリスは、ただ美しいだけではない。ミュンヘンに生まれ育った彼女は、4歳からピアノをはじめ5歳で最初のコンクールで優勝したという、天才スゴ腕ピアニストだ。

◆アリス=紗良・オット画像

▲写真左から、タワーレコード北村氏、アリス、ポーランド大使館カルシ氏
アリスは、19歳で超一流の名門レーベル、ドイツ・グラモフォンと専属契約し、今までに3枚のCDをリリースしている。超絶テクニックと愛らしい容姿でダントツの注目度だが、3枚の中でもとりわけ今注目されているアルバムが『ショパン・ワルツ全集』。ショパン生誕200周年となる2010年は、大勢のアーティストがショパンの作品をリリースしているが、今一番売れているショパン・アルバムというのが、実はアリスの『ショパン・ワルツ全集』なのだ(Soundscan 2010/2/28付)。

そんなアリスに“勝利の女神!”と熱き視線を注ぐのが、ショパン生誕200年記念キャンペーン中のタワーレコード。「ショパン・イヤーをもっともっと盛り上げよう」との願いでアリスに「ショパン・イヤー応援隊長」を依頼し、3月4日に任命式が行なわれた。また、ショパンの祖国であるポーランド大使館文化部のカルシ氏も駆けつけ「アリスさん、頑張ってください」と激励の言葉をかけた。

この日アリスは、タワーレコード渋谷店でミニ・ライヴを行なっており、「ショパン・イヤー応援隊長」任命式はライヴの開始時ファン150人の前で行なわれた。任命式には、ちょっと照れ笑いして臨んだアリスだったが、「ショパン・イヤー応援隊長として1曲」と頼まれると、華麗なテクニックで、ショパンの美しいワルツなど3曲を披露し、会場に集まったファンをうっとりさせた。

「さみしがり屋の異邦人のショパンを草食系男子の草分けとすると、自分の性格は?」と問われたアリスは「石頭でじゃじゃ馬娘(死語!)の私は肉食系女子ですかね~?」とおどけ、会場を和ませた。笑うとサイコーにキュートな笑顔、モデル級のスラリとした身体、流暢な日本語、ショパン・イヤー応援隊長アリスは、超絶テクニックのほかにもたくさんの武器を保有した心強い隊長になりそうだ。

2010年夏には日本での公演も予定されており、早くもチケット争奪戦が予想される。

<ショパン・イヤー応援隊長任命式>
・ショパン:ワルツ 第2番 変イ長調 作品34-1
・ショパン:ワルツ ホ短調 遺作 KK IVa-15
・ショパン:ノクターンハ短調遺作
※いずれも「アリス=紗良・オット/ショパン:ワルツ全集(UCCG-1473)」に収録

『ショパン:ワルツ集(全曲)』
2009年10月14日発売
UCCG-1473 2,500円(税込)
・ショパン:ワルツ(全19曲)
・ノクターン 嬰ハ短調 遺作(ボーナストラック)

◆アリス=紗良・オット・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon