LOVE LOVE LOVE、音楽と文学のコラボ企画が遂に完結

ツイート
2月17日にリリースされたLOVE LOVE LOVEの1stシングル「プラネタリウム」にまつわるコラボ企画が完結した。

この企画は、映画監督であり、脚本家であり、そして小説家である新進気鋭の鬼才マルチクリエーター飯塚健がLOVE LOVE LOVEの音楽に感銘を受け、ブルー三部作「ターコイズ」「ソライロノオト」「空想パドル」に触発された短編小説を書き上げるというもの。まさに音楽と文学の幸福なマッシュアップなのだ。

ミニアルバム「ターコイズ」をテーマにした連載第一回目の「ターコイズブルーの空」、第二回目の「ソライロノオト」をテーマにした「淡水魚の深層心理」が既に公開されているが、「空想パドル」をテーマにした連載第三回目「Life goes on」が、いよいよオフィシャルサイトとオフィシャルモバイルサイトで公開となり、これで全三作とも閲覧可能となった。

この連作はブルー三部作に呼応しつつ物語自体も一話から三話まで連動しており、1stシングル「プラネタリウム」へと昇華していく内容。この機会に全ての作品をチェックし、ブルー三部作とファースト・シングル「プラネタリウム」をあわせてじっくり聴いてみたい。

<ワンマンLIVE 2010「ソラノムコウガワ」>
3月22日(月・祝)大阪・福島 LIVE SQUARE 2nd LINE
[問]清水音泉 06-6357-3666
3月25日(木)東京・下北沢 SHELTER
[問]VINTAGE ROCK 03-5486-1099

1stシングル「プラネタリウム」
VICL-36563 ¥1,200(tax in)
発売中
1.プラネタリウム
2.ライター
3.それもいいさ

◆LOVE LOVE LOVEオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報