リフレクション・エターナル、10年ぶり2作目が4月に。

ツイート

才能溢れるラップスキルが常に高く評価されているNYブルックリン出身MCタリブ・クウェリ(Talib Kweli)と、アンダーグラウンドとメジャー両フィールドを自在に行き来するプロデューサー、ハイ・テック(Hi-Tek)によるユニット、リフレクション・エターナル(Reflection Eternal)が10年ぶりのセカンドアルバム"Revolutions Per Minute"を発売する。

4月20日に決まった同作のリリースに先駆け、2人は1月に、モス・デフ(Mos Def)、ジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)ら豪華ゲスト陣を迎えたミックステープアルバム"The Re:Union"をで発表、約30曲収録の同作の中から"Back Again"がすでにiTunes Storeで配信されている。また7日には"In This World"のミュージックビデオが彼らのMySpaceで公開された。

彼らが2000年に発表した"Train of Thought"も高く評価されていただけに、期待される新作についてタリブ・クウェリは「4月20日から12万6,000人がこのアルバムを買ってくれれば、アルバムチャートNo.1が保証される」などとコメントするなど、具体的なセールス目標までアピールしている。

◆リフレクション・エターナル Artist Info(notrax)
◆リフレクション・エターナル Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報