アリーヤ伝記映画、遂に撮影開始へ!

ツイート

2001年の飛行機事故で他界したR&Bシンガーのアリーヤ(Aaliyah)の伝記映画が、いよいよ撮影開始となるようだ。

故アリーヤの半生を映画化するという話は数年前からあった企画で、彼女とルックスの似通ったカナダ出身のシンガー、キーシャ・シャンテ(Keshia Chante)がアリーヤ役を演じることが2008年には報じられていた。それから一向に音沙汰がない状態が続いたが、遂に今月末から撮影が開始されるという。『ドリームガールズ』で知られるビル・コンドン(Bill Condon)が監督を務める。キーシャはアリーヤになりきるため何百時間もの彼女のビデオを観たり、彼女の家族と話したりしたという。「(アリーヤを演じるのは)私には荷が重いことではあるけれど、私が選ばれたのだから、この役をマスターする最後の最後まで頑張ろうと思う。アリーヤのファンが誇れる映画でありたい。絶対がっかりさせたくない」とキーシャは決意を語っている。

なお、実際にアリーヤと関わりの深い面々もこの映画に協力しており、大ヒット曲"Try Again"などの振り付け師で親友だったファティマ・ロビンソン(Fatima Robinson)がキーシャに直接指導をしているほか、音楽制作で縁の深かったティンバランド(Timbaland)、ミッシー・エリオット(Missy Elliot)、ジニュワイン(Ginuwine)らの出演も予定されているという。映画のタイトルは"Aaliyah"で、2010年の公開となる予定。

◆アリーヤ Artist Info(notrax)
◆アリーヤ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス