MAKAI、アルバム『LOVE LITE』には池田秀一、鈴木おさむもゲスト参加

twitterツイート

青山テルマ、YUCHUN(from 東方神起)、BENIなどそうそうたるアーティストとのコラボレーション楽曲をリリースしてきたDJ / プロデューサーのMAKAI(マカイ)。彼がユニバーサルミュージックに移籍後第一弾となる、約1年半ぶりのオリジナルアルバム『LOVE LITE』を4月28日にリリースする。また、これに先駆けて、宏実を迎えての「Stolen feat.宏実」を3月10日から、そして4月14日からは、AZUをフィーチャーした「また会いたくて feat. AZU」をレコチョククラブうたにて先行配信する。

ニューアルバムに先行して3月10日から配信される「Stolen feat.宏実」は、R&B界から熱い視線が注がれているレインボー・ボイス、宏実とのコラボ楽曲。宏実の歌声とMAKAI特有のドラマティックでメロディアスなトラックが絶妙なバランスで絡み合い、疾走感のある刹那アッパーチューンとなっている。

アルバム『LOVE LITE』は、今までの音楽性、ワークス、DJという枠にとらわれることなく、新たにプロデュースの幅を広げて、宏実やAZUといった注目のアーティストを起用。嗜好を凝らし、MAKAIのセンスとバランスが光る1枚となっている。

また今作では、放送作家、そして自身でも音楽活動を行なっている鈴木おさむ氏がイントロ、アウトロの作詞を担当。さらに、ナレーションには、シャア・アズナブルの声などでおなじみ、池田秀一氏というスペシャルゲストを迎えている。ちなみに池田氏の起用は、アルバム『LOVE LITE』のイメージカラーが“赤”であることから。そんなアルバムだけにリスナーの充実感も高く、聴いているとあっという間に時間が過ぎてしまっていた、と感じるに違いない。そう、きっと体感としては“通常の3倍の速度”くらいといったところか。

なお、本アルバムには、AZU、宏実に加えて、Emyli、Sophia From Safarii、日之内エミ、Monday満ちる、Ryohei、WISEがフィーチャリングアーティストとして参加している。

「今作品はタイトルにもあるように“LOVE”をキーワードとし、色々な価値観のもと、参加アーティストの方々の恋愛観などを随所に取り入れた内容となっています。僕自身、今まではハウスミュージックを基盤とし、それを提唱していましたが、一人の音楽家として、新しいことへの挑戦・自分自身の可能性を追求し、今この段階で“MAKAI”として提案する新しい形を模索した結果、今作『LOVE LITE』が完成しました。」── MAKAI

◆MAKAI オフィシャルサイト
◆iTunes Store MAKAI(※iTunesが開きます)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon