PIZZA OF DEATH、ついにデジタル解禁

ツイート
3月10日から、PIZZA OF DEATHレーベルの各音源が配信開始となった。

PIZZA OF DEATHは、1999年に設立された横山健が主宰する国内最強のパンクレーベルだ。Ken Yokoyama、Hi-STANDARD、HAWAIIAN6、RAZORS EDGE、COMEBACK MY DAUGHTERSなど、数々の良質なバンドの作品をリリースし、日本のインディーシーンの中核を担う絶大な人気を誇るレーベルだが、音楽配信に対しては慎重な態度をとり、これまでデジタル配信されていなかったという歴史がある。

2010年3月までにCD作品47タイトルを世に送り込んできたが、所属アーティストの音楽配信が全面解禁となった。

まずは第一弾として今回配信が解禁されるアーティストは、3月10日に4thアルバム『Four』をリリースしたKen Yokoyama、同日5thアルバム『SONIC!FAST!LIFE!』をリリースしたRAZORS EDGEの他、BBQ CHICKENS、GARLICBOYS、MOGA THE \5、COMEBACK MY DAUGHTERS、UPPER、F.I.Bの8アーティスト。その他のアーティストの配信解禁は随時行なわれる予定となっている。
この記事をツイート

この記事の関連情報