エリカ・バドゥ新作は大ヒットデビュー作の続編?

ツイート

今月ニューアルバムを発表、来月には単独公演としては5年ぶりに来日するエリカ・バドゥ(Erykah Badu)だが、その新作はデビュー作"Baduizm"の続編といえるものになりそうだ。

全米で3月30日(日本盤は3月31日)に発売予定のニューアルバム"New Amerykah Part Two: Return of the Ankh'"は、前作と異なって生演奏のサウンドを大きく取り入れており、試聴会のレポートではデビュー作"Baduizm"を思わせる作品だと報じられていたが、実際に共通するところがあるようだ。Vibe.comのインタビューに対して彼女は、「私にとって、(前作の)パート1で選んだ楽曲は‘左脳’寄りだったの。‘考える人’のアルバムね。でも"New Amerykah Part II"はとても感情的な作品。ちょうど"Baduizm"を制作しているとき、宇宙やアンク(古代エジプトのシンボルで「永遠の生」を意味するといわれる)があらゆるものの中心にあるということを学んでいて、"Baduizm"の歌詞はこの哲学から生まれたものだったんだけど、今回はそのパート2を書いてるような気持ちだったの。だからこのアルバムを'Return of the Ankh'と呼んでいるのよ」と説明している。

このニューアルバムからは、ファーストシングルとなる"Windows Seat"のミュージックビデオの予告編がオフシャルサイト www.erykahbadu.com にて先日から流されている。"Windows Seat"に先駆けて、すでにリル・ウェイン(Lil Wayne)をゲストに迎えた"Jump Up In The Air (Stay There)"のミュージックビデオが公開されているが、今月末のアルバム発売日までにゲストを変えた多数の新バージョン"Jump"を発表するとも報じられている。この新バージョンには、ジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)、モス・デフ(Mos Def)、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、レッドマン(Redman)、レイクウォン(Raekwon)、ビッグ・ボーイ(Big Boi)、スティック・マン(stic.man)、デヴィッド・バナー(David Banner)という豪華ラッパー勢が参加すると言われており、実現すればかなりの話題を呼びそうだ。

◆エリカ・バドゥ Artist Info(notrax)
◆エリカ・バドゥ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス