新生ドレミ團初音源「Sai」は、再、彩、最、祭…

ツイート

3月31日(水)渋谷CLUB QUATTROにて、ドレミ團のワンマン<ドレミ團 Live 2010 [ Sai ]>が開催となるが、この日、新生ドレミ團となって初の音源が会場限定で発売される。今後どこにも収録予定はなく、この日限りのプレミア必至の1枚になるものだ。

新たに5人となったドレミ團の次なるステージへの幕開けとなる「Sai」とは、当公演タイトルでもあり、限定音源のタイトルにもなっている「Sai」のこと。そこには、再生の“再”、再会の“再”、色彩の“彩”、最高の“最”、お祭の“祭”、31日の“31”…と、Saiへの固定観念はなく、聴く人それぞれが「Sai」の意味を創っていけばよいというメッセージが宿っている。3月31日クアトロ公演に向けて新生ドレミ團の「賽」が投げられたところだ。

会場限定音源「Sai」ではサイコロがコンセプトになっているらしい。サイコロの出す目を自分で決めることはできない。6ばかり出る人もいれば1しか出ない人もいる。しかしサイコロに0はなく、最低でも1。振れば最低1歩は前に進める。常に前だけを見て、着実に1歩ずつ前に前に進み続けてきたドレミ團そのものをあらわしているのだという。新生ドレミ團としてまた新たな1歩を踏み出したドレミ團。彼らの前に進もうとする真摯な姿勢は、会場限定作品「Sai」にも、ライブ・パフォーマンスにも表れてくることだろう。

「Sai」
2010年3月31日(水)発売
\1,050(税込)
1.Sai
2.懐想サアカス(Inst.)
※トールケース仕様・通常仕様の2形態
※それぞれジャケット・盤面デザイン違い
※渋谷クラブクアトロ<ドレミ團 Live 2010[ Sai ]>限定発売
◆チケット詳細&購入ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報