ジャック・ホワイト、ジェイ・Zとレコーディング

ツイート
ホワイト・ストライプス、ラカンターズ、デッド・ウェザーのメインマン、ジャック・ホワイトが最近、ジェイ・Zと曲をレコーディングしたそうだ。ホワイトはこれまでカントリー・シンガーとコラボすることはあったものの、ヒップホップとは興味深い。

ジャック・ホワイトは『GQ』マガジンのインタヴューでこう明かしたという。「ジェイ・Zとレコーディングしたんだよ。数週間前に一緒に曲をやったんだ。素晴らしかったよ。しばらくいじくり回してた曲を聴かせてみたら、彼、すぐに言葉を思いついた。ものすごいサウンドだよ」

彼らは過去にお互いをリスペクトしているのを公言していた。ジェイ・Zはホワイトを「ルネサンス的教養人」、ホワイトはジェイ・Zを「とてつもなくスゴイ人」と評していた。

曲がリリースされるのか否かについては言及されなかったものの、2人がジェイ・Zのニュー・アルバムに向けスタジオ入りしている可能性はあり得る。ジェイ・Zは2009年秋、新作でコラボしたい人としてジャック・ホワイトの名を挙げていた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス