ヤング@ハート、感動の来日公演スタート

twitterツイート

マサチューセッツ州のやんちゃな年金生活者、平均年齢80歳のロックンロール合唱団、ヤング@ハートの初来日公演が、3月18日(木)川崎市・麻生市民会館からスタートした。

【関連動画】映画「ヤング@ハート」予告編

ザ・ローリング・ストーンズの「無情な世界」で幕を開けたステージは、序盤から観客の大歓声に包まれヒートアップ。ブルース・スプリングスティーンの「ダンシン・イン・ザ・ストリート」やジミ・ヘンドリックスの「紫のけむり」等、ノリのいい曲を次々に演奏していき、第1部は終了。ロック系のライブで休憩が入るのも珍しいが、ここは年齢を考慮してのご愛敬。

充分な休憩時間を取っての第2部は、モーフィン、フガジ、ラモーンズ等のオルタナ・パンク系のマニアックな楽曲を中心に、後半は指揮者ボブ・シルマンの「キング・オブ・ポップに捧げます!」のMCで始まったマイケル・ジャクソン・メドレーで会場は総立ちとなった。たどたどしい日本語で「♪ド~ブネズミ ミタイニ~♪」とお馴染みの「リンダリンダ」の冒頭部分が唄われると会場は騒然となり、続く「雨上がりの夜空に」ではメンバーとオーディエンスが一体となっての大合唱。メドレー含む全28曲、2時間弱のステージを全33人、落伍者なく(?)無事に終了させた。

ヤング@ハートのレパートリーは歌詞の内容も重要なポイントとなるが、舞台の左右に歌詞の対訳が表示されるバーが設置され、非英語圏の我々でも楽しめる配慮がとてもありがたい。

杖をつき、腰を曲げ、時には椅子に座って休憩しながらも熱唱する彼らの姿を見ていると、歳を重ねる事でこそ表現できる人生のロック・スピリッツたるものを、まざまざと見せ付けられる。ヤング@ハートから受け止めることができるものは、単なる合唱の音楽のみならず、そこに存在する人生そのものである。

ヤング@ハートのジャパン・ツアーは3月28日(日)まで。これは必見だ。

<ヤング@ハート来日公演日程>
2010年3月19日(金) 18:30開場/19:00開演
 @すみだトリフォニーホール [東京]
2010年3月21日(日) 15:15開場/16:00開演
 @神戸国際会館 こくさいホール[兵庫]
2010年3月25日(木) 18:15開場/19:00開演
 @愛知県芸術劇場 大ホール [愛知]
2010年3月27日(土) 16:30開場/17:00開演
 @Bunkamura オーチャードホール [東京]
2010年3月28日(日) 13:30開場/14:00開演
 @Bunkamura オーチャードホール [東京]
◆チケット詳細&購入ページ
◆ヤング@ハート公演オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス