Zeebra、新橋SL広場を一瞬で熱狂のステージへ

ツイート

3月18日(水)、新橋のSL広場に、Zeebra、Mummy-D (RHYMESTER)、RYO the SKYWALKER、DJ Hasebe a.k.a Old Nickが結集、3月17日発売のニューシングル「Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER, Mummy-D & DOUBLE」をパフォーマンス、駅前はありえないほどの猛烈な熱気にあふれた。

◆Zeebra画像

当日、新橋SL広場に大型リムジンが突如登場、リムジンから白い衣装で身を包んだ、Zeebra、Mummy-D(RHYMESTER)、RYO the SKYWALKER、DJ Hasebeが姿を見せると、集まった約4000人は驚きの声をあげた。

今回の楽曲はPlayStation(R)3用ゲームソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』のテーマソングとして起用されており、スクリーンでは『龍が如く』の最新トレーラー映像や、新曲のミュージックビデオが流れ会場の期待を煽った。会場に設置してあるステージ上のスクリーンでミュージックビデオが流れ終わると、ステージを覆っていた「龍が如く4 伝説を継ぐもの」の幕が落ちメンバーが再登場。

Zeebraの「皆、がっつり騒げー!」のMCどおり、新橋では想像もできないZeebraと観客との掛け合いが起こり、サラリーマンも手を上げて参加、新橋ならでは…ではあるものの、とても新橋とは思えない光景が広がった。圧倒的なライブパフォーマンスで「Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER, Mummy-D & DOUBLE」を披露、Muumy-Dから「新橋の皆さんお勤めご苦労さん」、Zeebraから「新橋また会おうぜ!」の一言でステージを去った。

驚きと大熱狂で広場が埋め尽くされた新橋に残ったのは、Zeebraのもつ、その圧倒的な存在感であった。
この記事をツイート

この記事の関連情報