オヤイデから次世代ケーブルd+シリーズ登場、第1弾はFireWire

ツイート
小柳出電気商会(オヤイデ)は、多種多様なデジタル環境へ向けた次世代ケーブルd+シリーズの第1弾として、FireWire(IEEE1394)ケーブル「d+ FireWire」を4月16日より発売する。

「d+ FireWire」は、オヤイデ電気が多種多様なデジタル環境へ向けてリリースされたd+シリーズの第1弾で、音楽制作において高いニーズを誇るFireWire(IEEE1394) ケーブル。ラインナップは全8モデル。現行のApple社製品に対応するため、6pin-9pin(FireWire400-FireWire800)のケーブルも用意される。

導体はハイスピードデータ転送を実現するために「シルバーコートOFC 高純度無酸素銅」を採用。繊細なデータを正確に伝送するため厳密なインピーダンス調整を行い、さらに二重シールド、ツイストペア構造、TPE シースの組み合わせにより外来ノイズや電磁波などから信号を守る。これらの要素によりデジタルでありがちな平面的なサウンドから解放され、立体的で臨場感のある高解像度サウンドを実現するとしている。

絶縁体にはFoam-PEを使用、電気的絶縁性に優れ、また低誘電率になる事により高速転送伝送性が高くなるという。また、24K金メッキ青銅合金コンタクトにより、耐久性と安定性を高め優れた伝送性能を長期間維持。PBT+GF30%ハウジングとアルミカバーにより高速振動減衰を実現。これにより電気的特性が有利になるほか、バスパワー駆動におけるクロック動作も安定し、録音、再生ともにロスのない優れたサウンドが得られる。このほか、多数のプロ用オーディオインターフェィスで試聴し調整を行っているため、どの機種でも高いサウンドクオリティーを提供する。

価格はすべてオープン。ラインナップは以下のとおり。

・d+FW6×6 0.6m (6pin-6pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 4,935円)
・d+FW6×6 1.0m (6pin-6pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 5,565円)
・d+FW6×6 2.0m (6pin-6pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 6,825円)
・d+FW6×6 4.0m (6pin-6pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 9,660円)
・d+FW6×9 0.6m (6pin-9pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 4,935円)
・d+FW6×9 1.0m (6pin-9pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 5,565円)
・d+FW6×9 2.0m (6pin-9pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 6,825円)
・d+FW6×9 4.0m (6pin-9pinコネクタ):オープンプライス(市場予想価格 9,660円)

◆d+ FireWire
価格:オープン
発売日:2010年4月16日

◆オヤイデ電気オンラインショップ
◆小柳出電気商会

◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス