ボーイズ2メン、シンフォニックアンサンブルのライヴが日本限定配信

ツイート

2009年、世界初のオーケストラコンサート<Boyz II Men with NYSE Japan Tour2009>が開催され、オーケストラ演奏とともに、感動のパフォーマンスを見せ付けたボーイズ2メン。2010年8月の日本再演ツアーも決定し、チケットの発売も始まったボーイズ2メン ウィズ ニューヨークシンフォニックアンサンブルだが、そんなタイミングで、2009年8月パシフィコ横浜で行なわれた同オーケストラコンサート音源が、日本限定で3月24日に配信リリースとなった。


来場者からの熱い要望に応える形で発売となったこのライブ音源は、オーケストラをバックに最高に癒される、ピュアでオーガニックな作品として、早くも熱い注目を集めている。このボーイズ2メン初のヒット曲満載のライブアルバムは、iTunes、レコチョク他、配信限定となり、CDパッケージの予定はないものだ。

『ボーイズ2メンウィズ ニューヨーク シンフォニック アンサンブル2009』と名付けられたこのライブ作品は、往年の大ヒット曲を中心に宇多田ヒカルの「First Love」のオーケストラバージョンを含め、世界初となるオーケストラとボーイズ2メンの壮大なコラボレーションが収録されている。また、iTunesではアルバム購入者特典として、「End of the Road」他、2本のライブ映像が付いてくるのも魅力だ。このライブ映像のみの販売は行なわれていないため、iTunesでのアルバム入手はマストであろう。

「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルとのコンサートは、僕ら自身がオーガニックな雰囲気やピュアな表現を追求するステージになっています。2010年は、エンターテイメントとしての価値をさら高めたいと思っていますので、ぜひ観に来てください」──ボーイズ2メン

2011年にデビュー20周年を迎えるボーイズ2メンだが、久々のオリジナル・アルバムの制作も予定されており、その活動は精力的だ。<ボーイズ2メン ウィズ ニューヨークシンフォニックアンサンブル ジャパンツアー2010>は、2010年8月に東京国際フォーラムAでの2daysを含む、広島、金沢、名古屋、大阪にて開催される。生の臨場感と、ライブ音源の心地よさ、両面からボーイズ2メンの魅了が堪能できるのは、日本のオーディエンスだけの特権だ。

ボーイズ2メン
『ボーイズ2メン ウィズ ニューヨーク シンフォニック アンサンブル2009』
2010年3月24日発売(配信のみ)
iTunes:アルバム 1,800円(16曲+特典映像2曲)、単曲 150円 / ライブビデオ 400円
各種着うたサイト
着うた:100円 / フル:300円
1. Symphonic Only Plays "One Sweet Day"
2. Oh Well
3. On Bended Knee
4. Pass You By
5. Girl in the Life Magazine
6. Water Runs Dry
7. I Will Get There
8. It's So Hard
To Say Goodbye
9. Symphonic Only Plays " First Love "
10. Four Seasons of Loneliness
11. I'll Make Love To You
12. A Song For Mama
13. The Color Of Love
14. So Amazing
15. End of the Road
16. Motown Philly
Live Video
1. So Amazing
2. End of the Road
◆iTunes Store 『ボーイズ2メン ウィズ ニューヨーク シンフォニック アンサンブル2009』(※iTunesが開きます)

◆ボーイズ2メン・オフィシャルサイト
◆ボーイズ2メン・マイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報