Zeebra率いるUBGが突如解散!

ツイート
国内有数の人気を誇るラッパー、Zeebraを筆頭にDJ KEN-BOやUZI、INOVADER、Aktion、Diori、KM-Markitなど多数のラッパー/DJによるヒップホップ集団として知られるUBG(Urarian Gym/アーバリアン・ジム)が解散を発表した。

UBGはZeebraを中心に結成されたヒップホップ・アーティスト集団で、90年代後半から活動を開始。個々のアーティスト活動はもちろん、Urbarian Gym名義でのストリートアルバムやクルー内グループT.O.P. Rankazとしてのシングル"Inner City Groove"などを発表。最近では集団としての目立った活動がなくなっていた中、24日、Zeebraが自身のTwitterアカウントで解散を公表した。発表直後にはTwitter上で多数のコメントが寄せられた。これに対しZeebraは「皆熱いTweet本当にありがとう。解散の理由はただ一つ『責任』です。一人一人の結果が出ないまま随分時間が経ってしまいました。日本を代表するクルーの一つとして、これ以上ダラダラと続ける訳にはいきません」とツイートしている。

UBGは東京、渋谷を中心に様々な流行を意識した「路上」発のスタイルを持つヒップホップ集団として活躍、‘日本語ラップ’の魅力を幅広く伝えてきた存在だけに、ファンはもちろん、若手アーティストからも解散を惜しむ声が多く挙がっている。

◆Zeebra Artist Info(bmr.jp)
◆Zeebra Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報