ディディの失言から‘ウォッカ戦争’勃発? 新作も発売へ

ツイート
ヒップホップ界きってのビジネスマンとしても知られるディディ(Diddy)が、先週末NYのクラブイベントに登場し、英Diageo社とのタイアップ契約で積極的に販促活動に取り組んでいるウォッカブランド『シロック(Ciroc)』の宣伝のために放った‘ひと言'が、他のウォッカメーカーから大ひんしゅくを買い、思わぬ事態を引き起こしている。

マイクを持ってステージに上がったディディは、「シロック以外のウォッカは‘おしっこ’のようなものだ」と発言。これに激怒した米国最大手ウォッカブランドGeorgi社マーティン・シルバー社長を代表に、他のメーカー数社が抗議するという事態に発展。シルバーは25日、ディディのアパレルブランドSean Johnの巨大看板も立つマンハッタンのTimes Squareで会見を開き、‘ウォッカ戦争'を宣言。さらに‘おしっこ’発言に対抗するかたちで便器の中にシロックのビンを入れ、その便器をまるごとディディのBad Boy Worldwide Entertainmentオフィスに届けようとしたが、これはさすがに警備員が阻止された。

シルバーは、ディディに謝罪を要求しており、法的措置も辞さない構えとのこと。

このパフォーマンスが大きく取り上げられる一方、昨年から発売延期されているディディの5作目"Last Train to Paris"の発売日が6月22日と発表された。T.I.、リル・ウェイン(Lil Wayne)、ドレイク(Drake)といった話題のアーティストをゲストに迎えている模様。

◆ディディ Artist Info(bmr.jp)
◆ディディ Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報