12012、謎に包まれた意味深広告

ツイート
2009年は、渋谷C.C.Lemonホールでフリーライブを開催したり、ペア・チケット限定のライブ・ツアーを行なうなど、衝撃的な企画を行ないシーンを騒がせた12012(イチニーゼロイチニ)が、意味深な広告を打ち出している。

【関連画像】12012、謎に包まれた意味深広告~画像~

新聞調に12012の情報が掲載された広告なのだが、その約3分の1部分が破られ、その破れた部分から次ページの記事の一部が見えるようになっている。そこには『4月11日遂に…』『渋谷AX公演で…』と意味深な見出しのみが覗いている、というもの。

4月11日は、12012が2月にリリースしたシングル「TATTOO」を引っ提げたツアー<TATTOO -the name of decision->のファイナル公演がSHIBUYA-AXで行なわれる日。このファイナル公演で何があるのかは入場者だけが知ることができる、という企画のようだ。

それにしてもニュー・シングル発売情報の約4倍ものスペースを割いて告知しているこの企画とは一体? 12012ファンはもちろんのこと、興味を持った人にはぜひ参加して自分の目で確かめに会場に足を運んでほしい。

広告内の記事にはこのほかにも、3月31日(水)にリリースされるライブDVD『無法地帯』に封入されているパス・ステッカー、4月11日(日)SHIBUYA-AX公演入場者全員に配布されるパス・ステッカー、そして後日発表されるタイミングで手に入れることができるパス・ステッカーという3種のパス・ステッカーを集めて応募すると超レア・アイテム(詳細は未発表)がもれなくプレゼントされるという連動企画のほか、「早くも新作発表!!」という見出しで、前述の通り5月26日(水)にニュー・シングル「THE PAIN OF CATASTROPHE」がリリースされることが発表されている。

NEW SINGLE「THE PAIN OF CATASTROPHE」
2010.05.26 RELEASE

LIVE DVD『無法地帯』
UPBH-20044/5 \5,800(tax in)
2010.03.30 RELEASE

SINGLE『TATTOO』
【初回盤A】(CD+DVD) UPCH-89069 \1,500(tax in)
【初回盤B】(CD) UPCH-89070 \1,200(tax in)
【通常盤】(CD) UPCH-80163 \1,000(tax in)
発売中

<12012 SPRING TOUR 2010「TATTOO -the name of decision -」>
4月1日(木)名古屋ell.FITS ALL
[問]SUNDAY FOLK PROMOTION 052-320-9100
4月3日(土)ESAKA MUSE
4月4日(日)ESAKA MUSE
[問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
4月11日(日)SHIBUYA-AX
[問]フリップサイド 03-3466-1100
◆チケット詳細&購入ページ
◆12012 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報