レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、スーザン・ボイルとの共演を望む

twitterツイート
2009年のクリスマスNo.1を記念し、この夏、ロンドンでフリー・コンサートを開くレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンはスーザン・ボイルとの共演を望んでいるそうだ。レイジは、オーディション番組『X Factor』優勝者のジョー・マケルダリーを破り、1位を獲得。ボイルは、その『X Factor』の審査委員長サイモン・コーウェルの秘蔵っ子だ。

多分、実現しないだろうが、フロントマンのザック・デ・ラ・ロッチャの思いをお伝えしよう。彼は『The Sun』紙にこう話している。「サイモンが気を悪くしてないことを願っているよ。いじめキャンペーンだって思ったみたいだけど、実際のところ、英国の人たちは変化を求めていたんだ」「ジョーに反感を持っているわけじゃない。ときとしてサイモンの番組が才能を生み出しているのは確かだ。俺ら、スーザン・ボイルは大好きだ。彼女はホットだよ」

「悪い感情がないってことを証明するために、この夏、彼女に俺らとステージで共演してもらいたいと思っている。彼女は素晴らしいヴォーカリストだ。一緒に(クリスマスNo.1に輝いた)“Killing In The Name”をパフォーマンスしたいんだ」

フリー・コンサートは6月6日、フィンズベリー・パークで開かれる。ザックは「英国のファンがクリスマスに俺らにしてくれたことを忘れちゃいない。この夏、みんなを楽しませ、ありがとうって言いたいんだ」とファンへ感謝している。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンはこの夏、フリー・ギグのほかダウンロード・フェスティヴァルでもプレイする。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon