<RINGING JAM 2010>R&B界の“旬”なスターが結集した濃密な渋谷の夜

ツイート
3月21日、渋谷O-EASTで開催されたSUPER LIVE<RINGING JAM 2010>は、まさに最先端のR&Bシーンを体感できるイベントとなった。なにしろ出演者がスゴかった。ダンスシーンのカリスマから10代の新世代ディーヴァまで、今もっとも勢いがあり、これから確実にシーンをリードしていくであろうR&Bアーティストたちが結集したのだ。有名人も数多く顔を見せていたこのイベントの様子をお伝えしよう。

トップバッターは、“オトナカワイイ”ルックスとキュートな歌声で、デビューしたばかりなのに大注目を集めているキアーナ。読者の皆さんもキアーナがとてもカワイイのは重々承知だろうけど、生で見る彼女のカワイさといったらそれはもう衝撃的。美しいロングヘアー、抜群のスタイル、そして少女マンガから抜け出してきたような大きな瞳。そばにいた男性客は思わず“この世のものとは思えないなー”とつぶやいていたが、本当にお人形さんみたい。さらにびっくりするのは足の運び、腰のクネらせ方、ひとつひとつがすごくセクシーなこと。とても15歳とは思えない妖艶さなのだが、歌い終わったときに一瞬見せる微笑のあどけなさはやはりティーンエイジャー。まったく不思議な魅力に満ちたシンガーだ。わずか10分ちょっとの短いパフォーマンスだったが、大ヒット中のデビュー曲「could you be the one」のようなアップテンポの曲からしっとり歌う落ち着いた曲まで披露し、今後のさらなる大ブレイクを予感させるステージとなった。
◆【関連画像】<RINGING JAM 2010>キアーナ~画像~

続くイーストウェスト・ボーイズは、女の子たちの黄色い歓声に包まれて登場。ルックスも粒ぞろいの5人だけに、デビュー直後ながらすでにスゴい人気なのが客席の興奮度からよくわかる。1フレーズ歌えば“キャーッ”、ポーズをキメれば“ギャーッ”、悲鳴のような歓声は止むことがない。それもそのはずで、ダイナミックにダンスしながらめまぐるしくポジションを入れ換え、次々にメインヴォーカルをチェンジしていくステージは文句なくカッコいい。ソウルフルなアカペラも決まっていたし、マイケル・ジャクソンのナンバーではマイケルばりの鋭いステップをキメるなど、見せ場もたっぷり。人気がさらに高まるのは間違いないだろう。
◆【関連画像】<RINGING JAM 2010>イーストウェスト・ボーイズ~画像~

DJ E-Manとともにステージに上がったBIG BOYは、ひっきりなしにTシャツにサインしては客席に投げ込みまくるサービス満点のパフォーマンスを敢行。そのBIG BOYにコールされて登場したのがフランキーJだ。細身のスーツでバッチリ決めたフランキーJは、トレードマークの甘くソウルフルなハイトーンで会場を魅了。

もちろん彼の歌声が引き立つメロウなナンバーが中心で、客席が静かに聴き入る場面も多々あった。彼ならではのスウィートさが爆発してオーディエンスを聴きほれさせた「モア・ザン・ワーズ」(エクストリームのカヴァー)もカッコよかった。まさにトップアーティストの貫録を見せつけたパフォーマンスだった。
◆【関連画像】<RINGING JAM 2010>フランキーJ~画像~
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス