UNISON SQUARE GARDEN、ソリッドでストレートなスーパー・ポップサウンドの2ndフルアルバム『JET CO.』特集

twitterツイート

UNISON SQUARE GARDEN 約1年ぶりの2ndフルアルバム『JET CO.』2010.04.07リリース

怒涛のライヴ活動で一回り以上成長したソリッドでストレートなロックに変幻自在なアンサンブルが加わりスーパー・ポップサウンドが生まれた

年間80本のライヴをこなしてファン層を拡大し続けてきたUNISON SQUARE GARDEN。2枚目のフルアルバム『JET CO.』には、自らの世界観を信じ、自分たちの音楽と真剣に対峙することで、さらに上のステージへと駆け上がっていく彼らの姿がはっきりと映し出されている。走り抜けるジェットコースターのような“ワクワク感”を持つこのアルバムについて、UNISON SQUARE GARDENの3人に語ってもらった。

――1stアルバムが出てからちょうど1年になるけど、どんな1年間でしたか?

斎藤宏介:この1年はとにかくライヴでした。考えたことをすぐに試せる場があるという環境だったんで、それはすごくよかったと思ってます。

鈴木貴雄:やはりライヴばっかりだったという印象ですね。行ったことない場所でも待っててくれる人がいたり、どこでもホントにみんないい笑顔を見せてくれて。オレたちって楽しい想いや夢を届けられてるんだな、と実感した。もっとそれをやりたいと思いました。このあとまたツアーも始まるんで、それもすごく楽しみですね。

田淵智也:なんかめまぐるしかったって感じ。ライヴをいっぱいやって、バンドで曲作って家でも曲作って、ずっと音楽漬けの1年だったように思います。本読んでも映画見ても、それが音楽に還元されるような、そんな生活になってきたんだとしみじみ思いました。

――とても充実した1年だったんですね。でも逆につらかったこともあった?

斎藤:気分って波があるじゃないですか。たまたま空っぽになっちゃったときにライヴがあったりすると、けっこうピリピリしました。どうしても気分が上がらない、身体が温まらないときもあるけど、そこを認めた上で、今日はこういう気分だからこういうライヴにしてやろう、とプラスに向けるようにしたら楽しめるようになってきましたね。

鈴木:僕もそうです。浮き沈みがある。僕はそれが顕著なんで、沈んでるときのライヴはどうしようかと思っちゃう。最近はその対処法として、良い意味で、まぁどーでもいいや、と思うことにしました。

田淵:自分に自信が出てきた反動かな、お前は間違ってると言われる機会も多くて、そうすると自分を完全に否定された感じになっちゃう。自分がやってることは間違ってないとは思ってますけど、思ってるだけじゃ何も変わらんというのもそこから学びました。こうしたら絶対面白い、こうなったら世の中が変わるみたいな、自分が考えていることをどうやって形にするか、というのは今後も考えていかなきゃと思ってます。

――1stアルバムから1年が経過して、以前とは意識が違ってきたところもある?

斎藤:1stアルバムが出たことで、バンドとしてちゃんと音楽シーンにいるんだっていう自覚と自信が持てた。実感できる場所が増えてきたってことだと思うんです。ライヴで実際に目の前にお客さんがいることもそうだし、僕たちのCDを買ってくれる人がいることもそう。だったら次はもっともっと主張していかないとって思いましたね。自分の存在とバンドとしてのメッセージを過剰なくらいに主張していく時期なんじゃないかって。そのために自分ができることは何だろうと、普段の生活でも考えるようになりましたね。

田淵:個人的には、続けなきゃいけないと強く思いました。もし自分たちの音楽が世界に抗(あらが)うものならば、抗い続けなきゃ結果は出ないというか。ツアーが終わったときにも思ったんですけど、これはやり続けないと答は出ない。続けていかないと、聴いてくれる人とか音楽シーンにちゃんと届かないんじゃないかって。

鈴木:僕は楽しみ続けるって大変だなと思いました。ライヴが連続してたら、楽器に向かう楽しさも薄れてくる。好きなものも毎日食べてればおいしくなくなってくるみたいな。でも意識の持ち方でそれも変えられるようになったんです。地味な練習でも、脳内で工夫して気持ちいいんだって思ってやり続けるようにしたら、いつでも楽しめるようになってきました。

――楽しむといえば、今回続けてリリースとなったシングル(2/10リリース)とアルバム(4/7リリース)、両方ともすごく楽しんで作ってたんだろうな、というのがよく伝わってきます。

斎藤:そうですね、安心感があったというか、経験からくる自信もあったと思います。あとは今回、佐久間正英さんというプロデューサーさんがいてくれたのも大きいと思います。とにかく楽しんで作ることができました。

――2枚目のフルアルバムは『JET CO.』というタイトルだけど、これはどんな意味を込めたもの?

田淵:実は深い意味はないんです。今回のアルバムの持ってるテーマパーク感というか、ワクワクする感じを訴えたいという意味では、ジェットコースターという言葉にもつながってるんですけど、それはまぁ後づけで。タイトルなんかどうだっていい、みたいなところから始まってるし、意味を無理やりつけてバンドを語るというのもあまり面白いとも思わないんで。

――じゃあこういうアルバムにしようというテーマが最初にあったわけではない?

田淵:そうですね。作ってきた曲を並べてみるとそういうテーマになってるね、というだけなんで。

斎藤:今のこのバンドの向いてる方向、明確な目標というか、バンドの意思をこう発信していこうよというのが僕らの中でちゃんとわかってたんで、どの曲もそんな感じになったと思うんです。だから自然にそういう曲が集まったんだろうし、アレンジもサウンドもそうなったっていう感じですね。

次のページ »

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス