スーザン・ボイル、日本の春を満喫

ツイート

スーザン・ボイルが待望の再来日を果たした。今回の来日は、4月1日に日本武道館で行なわれたコンサート<読売日響グランドコンサート featuring スペシャルゲスト スーザン・ボイル>にゲスト出演するためのもので、デビューのきっかけとなった代表曲「夢やぶれて」や名曲「翼をください~Wings to Fly」などアンコールを含め5曲をオーケストラと共に熱唱。

◆スーザン・ボイル画像

スーザン・ボイルがオーケストラと共演するのは初めてのことで、8000人の大観衆の前でその美しい歌声を披露した。期せずして4月1日はスーザンの49回目の誕生日でもあり、オーケストラがサプライズ・プレゼントとして「Happy Birthday」を演奏すると、観客も全員一緒に歌ってスーザンの誕生日を祝福した。

スーザンは「ファンタスティック」と感想を語り、日本の印象については、「美しい国で、美しい桜が印象的でした。また日本に来たいと思います」と語った。

また、コンサート前日の3月31日にはアメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、日本など世界各国から集まったスーザンのファン代表が都内某所でスーザンの誕生日を祝うイベントも開催。スーザンはバースデー・ケーキのろうそくを吹き消し、ファンの方々とケーキを食べながら談笑、楽しいひとときを過ごした。

またスーザンは、若者でにぎわう渋谷や桜咲き誇る千鳥が淵を散策し日本の春を満喫したようだ。

ライブ写真●Eiji Tanaka
千鳥が淵、渋谷、ミート&グリート写真●Joel Anderson
この記事をツイート

この記事の関連情報