“まねきねこダック”歌うマユミーヌが初ライヴ

ツイート
「ほしのかずだけ」(ムーニー)や、「アヒルのワルツ」「まねきねこダックの歌」(アフラック)など、数々のCMソングを手掛けている“新CMソングの女王”マユミーヌが、2010年3月29日(月)午後、東京・有楽町のニッポン放送イマジン・スタジオにて初のコンサート<てをつないで おうたをきこう。>を行なった。

このコンサートは、2月10日に発売された1stアルバム『てをつないでおうちにかえろう』のリリースを記念して企画されたもの。アルバム・テーマの“母子、家族の繋がり”にちなんで、応募抽選で選ばれた親子や家族連れ50組120名が招待され、会場には0歳から10歳までの子供たちとその家族が集合。片隅にはベビーカー置き場も設けられるなど、マユミーヌらしい心配りと演出に溢れたコンサートとなった。

マユミーヌはアコースティックギターのギタリストを従えて登場し、最初にママさんたちに広く知られるきっかけとなったムーニーのCMソング「ほしのかずだけ」を披露。マユミーヌは今まで、インストアやイベントなどオープン・スペースでのパフォーマンスを実施してきたが、コンサート会場でのクローズドなライヴは今回が初めて。少し緊張した様子ながらも、観客一人一人に語りかけるように、1曲ごとに丁寧なMCを挟み、金子貴俊作詞の「家族の太陽」、カヴァー曲「やさしさに包まれたなら」、「キミに残す手紙」などを歌唱した。

途中、乾貴美子司会のトークコーナーでは、マユミーヌ自身が携わったCMソングやジングルを生歌で披露、会場はさらに温かな空気に包まれた。そして後半には、スペシャル・ゲストとして“たつやくん”が登場。マユミーヌが「心強いパートナーです!」と紹介すると、一緒に「アヒルのワルツ」を披露。続いて「まねきねこダックの歌」が始まると、終始元気な声をあげていた子供たちも、この時ばかりは静かに聴き入り、中には一緒に口ずさむ子も見られた。

その後、会場を埋めた観客に感謝の言葉を述べた後、最後の曲「二人の帰り道」を披露し、本編は終了。しかし退場した後も、会場からはアンコールの拍手が鳴り止まず、マユミーヌは「初めてアンコールを頂きました!」と感激しながら再登場。再びアコースティックギターと一緒に「ほしのかずだけ」を披露した。また、終演後に開催された握手・サイン会ではサインを求める親子連れが長蛇の列を作り、マユミーヌと握手する小さな子供たちの笑顔で、会場は終始和やかな雰囲気に包まれた。

マユミーヌは初コンサートの感想として、「今回は親子、家族を対象としたコンサートで、会場では小さなお子さんがよちよち歩き回ったり、途中でおむつにうんちをする子もいたりと、終始ほのぼのとした中で歌わせていただきました。これからも親子で楽しんで頂けるようなイベントをやっていきたいと思いますので、お母さんとお子さんの両方に楽しんで一緒に聞いて頂けるステージができるよう、今日の経験を生かしていきたいと思います」とコメント、新たな活動への意欲を見せていた。

なお、4月21日には、たつやくんとマユミーヌによるミニ・アルバム『まねきねこダックソングブック』の発売が決定している。

◆マユミーヌ・オフィシャルサイト
◆レコード会社マユミーヌ・ウェブサイト(試聴&CM映像)
この記事をツイート

この記事の関連情報