ジェニファー・ロペス、Def Jamに移籍決定

ツイート
主演映画の公開を控える女優/シンガーのジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)が、移籍先のレコード会社としてIsland/Def Jam Music Groupと契約したことを認めた。

ジェニファーは、ニューアルバム"Love?"を今年発売することを発表していたものの、先日、シンガーとしてのキャリアをデビューから支えてきたEpic Recordsとの契約を終了。その際、「我々は、私の新作"Love?"を発表できる新しいホームを見つけました。2010年の夏には発表できるでしょう」というコメントもあったものの、移籍先のレコード会社の名は明らかにされていなかった。

しかし、全米で4月23日から公開される主演映画"The Back-Up Plan"のプロモーション活動中に、移籍先として噂されていたIsland/Def Jamとの契約を正式に認めた。Hitfix.comからの「Def Jamと契約しているのですか?」という直球の質問に、ジェニファーは笑顔で2度もイエスと答えたという。Island/Def Jamの代表であるLA・リード(LA Reid)は、ジェニファーと契約するだけでなく、彼女のニューアルバムのプロデュースにも関わるとのこと。LA・リードはマライア・キャリー(Mariah Carey)のメガヒット・アルバム"The Emancipation Of Mimi"(邦題『ミミ』)のエグゼクティブ・プロデュースを務め、マライアを'大復活'に導いた人物。またIsland/Def Jamは、マライアの他にもリアーナ(Rihanna)、カニエ・ウェスト(Kanye West)、ニーヨ(Ne-Yo)、ライオネル・リッチー(Lionel Richie)など多くの人気アーティストを抱える業界最大手レーベルのひとつ。

◆ジェニファー・ロペス Artist Info(bmr.jp)
◆ジェニファー・ロペス Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報