WEAVER、初のドラマ主題歌決定

ツイート

2月3日にリリースしたデビュー・ミニ・アルバム『Tapestory』が、オリコン初登場19位を獲得した3人組ピアノ・ロック・バンドWEAVERの新曲「Hard to say I love you ~言い出せなくて~」が、4月15日から始まるフジテレビ系連続ドラマ『素直になれなくて』(木曜午後10時)の主題歌に起用されることがわかった。

『素直になれなくて』は、上野樹里、瑛太のW主演に加え、東方神起のジェジュン、吉川晃司など、豪華なキャスト陣でも話題の新ドラマだ。

そのドラマ主題歌となる「Hard to say I love you ~言い出せなくて~」は、サウンド・プロデューサーに亀田誠治を迎えた楽曲で、6月9日リリース予定。セルフ・プロデュースでデビュー・ミニ・アルバムを完成させたWEAVERにとって、初めてプロデューサーを迎えた楽曲となる。リリースに先駆けて、4月15日からレコチョクにて着うた(R)の先行配信が始まるので、ぜひチェックを。

東阪名での初ワンマン・ツアー、TFMで4月からスタートする初レギュラー「RADIO DRAGON」(担当:毎週木曜)も決定しており、新年度を迎え“初”づくしのWEAVER。これからの活躍にも注目してほしい。

「僕とWEAVERとの出会いは、昨年の秋。デビュー翌日の彼らは、武道館でflumpoolのオープニングアクトとして登場した。武道館という巨大な音楽の聖地で、おそらく初めてWEAVERを見るというアウェイのお客を相手に、精一杯、正々堂々とロックしたWEAVER。ギターじゃなくピアノを武器に武道館をドライブさせる3人に、僕は、新しいロックアイコンの登場を確信した。そしてその数ヶ月後、偶然にも(いやこれは運命か?)僕は彼らとスタジオに入る事になる。真摯で誠実。やんちゃでクレバー。そんなメンバーと繰り広げる音楽三昧の毎日。きっと、ここから新しいロックが誕生するんだ。」――亀田誠治

「今回「素直になれなくて」の主題歌にWEAVERが選ばれ本当に嬉しいです。主題歌を制作するにあたり、どうすれば自分たちの音楽がドラマにマッチし、インパクトを与えられるかを追求し、よりストーリーが惹き立つ楽曲ができたと思います。そして自分たちのまた新たな面を出せた曲になったと思います。この曲をきっかけにWEAVERの音楽をもっと知ってもらい、たくさんの方に音を通してなにか感じてもらえれば嬉しいです。」――杉本雄治(Piano&Vocal)

◆WEAVERオフィシャル・サイト
◆WEAVER MySpace
この記事をツイート

この記事の関連情報