ふかわりょう、音楽活動10周年を記念したベスト盤をリリース

twitterツイート
“ROCKETMAN”としてクラブDJや作曲活動など、幅広く音楽活動を続けてきたふかわりょうが、2010年、音楽活動10週年を記念して8月に集大成となるベストアルバムをリリースすることを発表した。

ROCKETMANは、1998年に小西康陽(元ピチカート・ファイヴ)とユニット「ロケットマン」を結成してのがきっかけでクラブDJとしての活動がスタート。

内村光良監督映画『ピーナッツ』のサウンドトラックや、2009年話題になったユニットCOSMETICSなど、数多くのアーティストの楽曲プロデュース、リミックス等でも活躍し、独特の哀愁漂う歌詞や、楽曲に自身が演奏するピアノサウンドを取り入れるなど、ROCKETMANに対する音楽ファンの評価も高い。

ベスト盤リリースに向けて、4月7日には配信限定シングル「dancemusic」をリリースしており、それに対しふかわは“音楽に対する感謝の気持ちといま僕の中にあるすべての情熱が「dancemusic」になりました。この音楽が誰かのそばにあることを願って。”とコメントしている。

地道に活動を続けてきた“ROCKETMAN”。葉桜となりつつあるこの季節に、いよいよその才能が開花するのか?

ROCKETMAN
「dancemusic」
2010年4月7日
配信限定シングル

◆ふかわりょうオフィシャルサイト「Happy Note」
◆ROCKETMAN レーベルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報