AAA、ニューシングルは小室哲哉作品「みんなが聴きたかったのはこのメロディー」

ツイート
5月5日にリリースされるAAAのニューシングル「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」が小室哲哉作曲作品であることが明らかになった。小室哲哉が楽曲提供を行なうのはKEIKO(globe)のソロアルバム『O-CRAZY LUV』(2008年4月30日発売)以来、約2年ぶり。本作品で小室哲哉は作曲家活動復帰となる。

【関連画像】AAAと小室哲哉の画像、AAA最新画像など

これまで、trf、篠原涼子、観月ありさ、hitomi、H jungle with.t、内田有紀、globe、安室奈美恵、鈴木亜美といったアーティストのプロデュース、さらに渡辺美里、松田聖子、小泉今日子、荻野目洋子、沢口靖子、原田知世、中山美穂、牧瀬里穂らへ楽曲を提供するなど、手がけたアーティストは90組以上と、まさにJ-POPを一時代を築き上げた小室哲哉。彼の音楽的遺伝子が、今度は次代を担う若手ダンスヴォーカルグループ、AAAに注ぎ込まれた。

AAAは、2008年1月発売シングル「MIRAGE」で自身初となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得。2010年2月発売ニューアルバム『HEARTFUL』も自身最高位の3位を獲得するなど、アーティストとして着実に成長中。そんな彼らが2010年、さらに高いところを目指すために楽曲提供を依頼したのが小室哲哉だった。小室哲哉も、2009年8月に楽曲制作活動を再開。それから約60曲のデモを制作してきた中で、未来のエイベックスを担うアーティスト、そして今までにない新しいタイプのパフォーマー集団であるAAAに惹かれており、AAA側からの依頼を快諾。AAAメンバーそれぞれの魅力を多面的に引き出したいと考え、作り上げたデモ曲の中から、温かさや優しさを感じさせる楽曲と、強さと勢いを感じさせる楽曲の2曲をセレクトした。

5月5日リリースのシングル収録曲「逢いたい理由」は、切ない心情を温かく歌い上げる壮大なミディアムバラード。冒頭のにっしー(西島隆弘)のブレスが一気に曲の世界へと引き込み、サビのメインパートを歌う宇野ちゃん(宇野実彩子)の切なさや苦しさ、想いを込めて歌い上げるヴォーカルでリスナーの気持ちは昂ぶる。そしてメンバーひとりひとりが歌いつないでいくという曲構成など、聴きどころは満載。もちろん鍵盤のバッキングなど、往年のTKサウンド好きにはたまらない“小室節”も全開だ。なお同曲はAAAが出演する日本テレビのバラエティ番組「二匹目のどじょう」エンディングテーマとなっている。

「Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」は、力強さと疾走感溢れるアッパーな楽曲。イントロから日高のラップが冴えわたり、加速度をつけていくような錯覚を覚えた瞬間、音は空間を漂う。そして再びAAAとともに加速していく。懐かしくも新しい、新時代小室サウンドと呼ぶべきダンスポップで、ライヴパフォーマンスでも楽しみな曲間違いなしだ。なお、着うた(R)は、「逢いたい理由」は4月8日から、「Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」は4月14日より配信開始となる。

今回、小室哲哉からの楽曲提供ということで、AAAメンバーもそれぞれコメントを発表。リーダーの浦田直也は「僕にとって奇跡」と興奮し、宇野ちゃんは「きっとみんなが聴きたかったのはこのメロディーだと思います。」と、今回の作品を表現し、自信をのぞかせた。一方、小室哲哉は、「皆様のおかげで、作曲家としてスタート出来た事が一番大きいと感じています。日本各地でのコンサート等でファンとの触れ合いを大切にしながら、楽曲制作に励んでいきたいと思います。」と今後の抱負を語った。

今年デビュー5周年を迎えるAAAは、9月12日に横浜アリーナ、9月20日神戸ワールド記念ホールにて<AAA 5th Anniversary LIVE>を開催することも合わせて発表。さらにそれぞれの前日には「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」購入者限定ライヴも開催する。


◆小室哲哉、AAAからのコメント(テキスト&NGカット付き動画)
◆AAA オフィシャルサイト
◆iTunes Store AAA(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報