松本孝弘&ラリー・カールトンによる夢のバトルは6月2日発売

ツイート

先に、松本孝弘、稲葉浩志、それぞれがソロ活動に入る旨の情報を伝えたところだが、一足先に松本孝弘の情報がアップデートされた。

【関連画像】松本孝弘&ラリー・カールトン画像

御大ラリー・カールトンと競演を果たしたというギタリスト垂涎のドリーム作品は、『TAKE YOUR PICK』と名付けられ、2010年6月2日に発売されることに決定した。

B'zの最新ツアー<B'z LIVE-GYM 2010“Ain't No Magic”>で披露され反響を呼んだ「JAZZY BULLETS」、ラリー・カールトン代表曲のリ・レコーディング「Nite Crawler 2010」を含む、全12曲収録のインストゥルメンタル作品で、ギブソン社を通じてラリー・カールトンから松本孝弘にアルバム制作を持ちかけたことから実現し、2009年から本格的にレコーディングが開始されていたものだ。

作品はお互いが持ち寄り作曲とアレンジをそれぞれが担当、お互いの歩み寄りによって融合と重合がはかられたようだ。

タイプこそまったく違うものの、特異のセンスと神がかりなテクニック、そしてスポンティニアスな瞬発力は、両者の素晴らしき共通項。粘るようなハイゲインが心地よい松本孝弘のボグナー系オーバードライブサウンドと、芯のあるダンブル系ブティック・サウンドのラリー・カールトンのトーン…、ひとつのキャンパスの上で2人の異なるサウンドがどう交じり合って化学反応を起こすのか、まったく想像ができないが、ジャンルを超えて飛翔する2人のギタープレイとサウンドが存分に堪能できる作品に仕上がっているという。まさしく全世界から注目を受けることは間違いのない、ギター史においても、大きなインパクトを残す作品の登場だ。

この共演アルバム『TAKE YOUR PICK』を携えたツアーの開催も決定している。ツアーの詳細は、後日、B'zオフィシャルサイトにて発表となる予定だ。

Larry Carlton & Tak Matsumoto
『TAKE YOUR PICK』
2010年6月2日発売
BMCV-8031 3,059yen(tax in)
1.JAZZY BULLETS
2.Nite Crawler 2010
3.THE WAY WE WERE
4.Islands of Japan
5.Neon Blue
6.Tokyo Night
7.hotalu
8.East West Stroll
9.Easy Mystery
10.ao
11.Take Your Pick
12.A girl from China
※Larry Carlton wrote and arranged/M-02, 04, 05, 08, 09, 11
※Tak Matsumoto wrote and arranged/M-01, 03, 06, 07, 10, 12

◆B'zオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報