スティーヴィー・ワンダー、<サマーソニック2010>出演決定

ツイート
2010年5月13日に60歳を迎えるスティーヴィー・ワンダーが、<サマーソニック2010>に出演決定した。

この年齢は、<サマーソニック>史上においても最年長出場者になるという。スティーヴィー・ワンダーの登場は、8月7日大阪/8月8日東京でヘッドライナーとなる。ジェイ・Zも各日のヘッドライナーを務めるが、8月7日東京/8月8日大阪となり、きれいにヘッドライナーを分かち合う形となる。

スティーヴィー・ワンダーは、生誕60周年を記念し、2010年は精力的に各国のフェスに参加していくという。現時点でも6月の<ボナルー・フェスティバル>(米)、6月の<グラストンベリー・フェス>(英)といった世界屈指のフェスへの参戦が発表されている。とはいえ、アジア圏においては<サマーソニック2010>が唯一の出場フェスだ。

「日本には何度か来日してコンサートを行なっていますが、フェスへの参加は初めてなので今からワクワクしています。日本の皆さん、ぜひ楽しみにしていてください。」──スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダーの来日は2007年3月公演以来、今回のサマーソニックの来日で合計16回目となる。<サマーソニック2010>には、スティーヴィー・ワンダー、ジェイZを筆頭に、テイラー・スウィフト、オリアンティ、スラッシュ、ケリー・ヒルソン、スマパン、オフスプリング、ドリーム・シアター、ニッケルバック、SUM 41、SUM 41、マイケル・モンロー…と、そうそうたる洋楽アーティストが参戦するが、その全てのアーティストがスティーヴィーにリスペクトを示すことになるだろう。
この記事をツイート

この記事の関連情報