イベント<Rogue Wave Vol.1>、要注目の新人をより広くより多くの人に

twitterツイート

5月25日に<Rogue Wave Vol.1>と名付けられたライブイベントが開催となる。

【関連画像】<Rogue Wave Vol.1>出演者画像

このイベントは、日本のインディーズ・シーンに詳しく、その情報を世界へと発信し続けている外国人2人の男…知る人ぞ知るキース・カフーンとダニエル・ロブソンが手がけるもので、コンセプトは極めてシンプルだ。「もっと評価されて良いと思った要注目の新人アーティスト達を、すでに人気のあるアーティストと同じイベントに出演させる事により、より広くより多くの人に紹介、よい音楽を世間に広めること」だ。至極納得である。

ROGUE WAVE(ローグ・ウェーブ)=予測・説明不可能な巨大な波というタイトルも、まさにそのまま。これからも期待したいイベントである。

第一回目となる<Rogue Wave Vol.1>の出演ラインアップは、GO!GO!7188、キノコホテル、モリス、ナッチュという4アーティスト。おそらく共通の音楽趣向を持っているだろうオーディエンスを意識して決定したという。毎回ヘッドライナーには知名度のあるアーティストを迎え、あえて彼らが普段出演している大会場でなく収容人数300人から500人規模ぐらいの、客席とステージの親密度が高い会場にて、充実したラインアップを手頃なチケット価格で提供、音楽のみならずアートも紹介していくとのことだ。

GO!GO!7188
1998年に結成、2000年にはメジャーデビュー。すでに数多くのフェスティバルに出演経験あり。挑戦的でオリジナリティの高い音楽を展開しながらもアルバムをチャート上位にランクインさせ、完売必須のツアーでは日本全国津々浦々の町を訪れてパフォーマンスを行なっている。海外へも人気が飛び火しすでに2回のUSツアーを経験済み。

キノコホテル
4人組のガールズ・バンドで、イギリスと日本のモッズ・バンド、1960~70年代のグループ・サウンドからのイメージ的な影響を受けている。ポップで過激な大衆音楽的なロックンロール・サウンドで、ディスク・ユニオンのインディーズ・チャートでは上位を獲得。徳間ジャパンコミュニーケーションズと契約を交わし、ライヴは完売続きと現在波に乗っている要注目バンド。

Molice(モリス)
ポリスやピクシーズなどの洋楽アーティストから影響を受けたインディーズ・バンド。ダイナミックなライヴ・パフォーマンスで着実に熱狂的なファンを増やしている。結成後半年にして、<サマーソニック07>に出演。海外での評判も高くフランスのテレビ番組やアメリカのラジオでも紹介され、2009年冬にはイギリスでライヴを行なった。2010年3月に2ndアルバム『キャタリストロック』をリリース5月にはベトナム・ハノイの音楽フェスティバルに出演する。

Natccu(ナッチュ)
スウィーピングで予測不可能なメロディーを、斬新で激しいポストポップ・サウンドで展開、そのダークなエッジの効いたポップスが特徴のシンガー・ソングライター。活躍の場は日本に留まらず、イギリスのIn The City、The Great Escape等への出演、SXSW09、USツアーに続き、2010年5月には4度目となるUKツアーに出発。2010年夏にリリース予定の最新アルバムには、マイク・ワット(ストゥージズ/ミニットマン)をはじめ、日本の著名ミュージシャンらがゲスト参加している。

<Rogue Wave Vol.1>
2010年5月25日(火)
@東京 Fever新代田
開場19:00 開演19:30
前売り¥2000 当日¥2200(税込み)1ドリンク付き
ローソンチケット:Lコード 79154
FEVER新代田:03-6304-7899
[問]HOTWIRE:03-5784-1786
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス