浜崎あゆみ出演の「Yahoo!ミュージック ライブ」、アクセス殺到でシステムもパンク寸前

ツイート

4月14日に11枚目のオリジナルフルアルバム『Rock‘n’Roll Circus』をリリースした浜崎あゆみが、同日、「Yahoo!ミュージック ライブ」に出演した。

【関連画像】浜崎あゆみ 画像@2010.04.14「Yahoo!ミュージック ライブ」

Yahoo!ミュージックがUstreamとTwitter、MySpaceを連動させて開催した今回のスペシャル番組「Yahoo!ミュージック ライブ」は、事前に募集していた浜崎あゆみへの質問が1200件も集まるなど、放送前から大きな注目を集めていた。そしてそれを改めて裏付けるかのように、放送開始直前には、日本国内だけでなく、アジア圏、ブラジル、ヨーロッパなど全世界の浜崎あゆみファンから番組へのアクセスが殺到。負荷がかかりすぎてしまい、システムを急遽切り替えるなどの対策を施し、結果、予定より約2分遅れで番組はスタートすることとなった。

かつてYahoo! JAPANが定期的に行なっていた動画配信番組「Yahoo! ライブトーク」から数えて、約1年ぶりの出演となった浜崎あゆみ。この日はオフホワイトを基調とし、さながら春の妖精のような衣装をまとってスタジオ入り。番組のパーソナリティーを務めた荘口彰久は、実は浜崎あゆみのライヴツアー<ayumi hamasaki ARENA TOUR 2010 A ~Rock‘n’Roll Circus~>の初日にスタンドの一列目(さいたまスーパーアリーナの「200レベル」)で観ていたという。一方、ライヴ中もファンの顔を見ながら歌っているというayuは、そんな初日の荘口の姿を発見しており、放送開始前には、そのことをayuの口から指摘されて「何万人もお客さんいるのに何でわかるの!?」と、飛び上がるほど驚いていた。

番組は、ニューアルバム『Rock‘n’Roll Circus』の話題からスタート。浜崎あゆみ初のロンドンレコーディングを敢行したこのアルバム。“日本とロンドンとでは音が違う”とよく言われるが、そんな音の違いについて訊ねられた浜崎は、「スタジオでヴォーカルブースに入った時に自分の声の返り方が全然違って感動しました。すごくクリアに聴こえる。普段の会話の声も全然違う。」とコメント。また、歌詞はロンドンに向かう飛行機の中でベースを作り、ホテルについて組み立てていくという作業だったことを明かした。
この記事をツイート

この記事の関連情報