七尾旅人が提唱する、次世代音楽流通の風穴

ツイート

七尾旅人が新曲「検索少年」の販売をオフィシャルサイトにて自力でスタートさせた。

これは七尾旅人とTUNKが共同開発した「DIY STARS」という作品販売サービスを利用したもので、「DIY STARS」はミュージシャン/クリエイター自らのサイトで直接楽曲を販売するという環境を簡単に提供するもの。

mp3、wav、mov、mp4、jpg、pdf、zip…と、あらゆるデータファイルを直接ダウンロード販売することができ、ファイル形式も問わず価格設定も自由という、これからのデジタルコンテンツの流通に風穴を開ける、注目すべきサービスといえる。決済はクレジットカードか電子マネー(BitCash)が用意されている。

この仕組みを使って販売される作品として第一陣を切ったのが、七尾旅人の新曲「検索少年」である。曲データのみならず、歌詞(PDFデータ)、ジャケット、七尾旅人からの手書きメッセージなど、周辺アイテムも同梱されている。音楽自体も150円のMP3と200円のWAVの2バージョンが用意されており、後者にはおまけ動画も付属するという自由な売り方を実現している。

七尾旅人の作品を皮切りに、やけのはら、オオルタイチ、neco眠る、大友良英、石橋英子といったアーティストもこの仕組みを利用して音楽作品を提供していく表明をしており、まさに新たな音楽流通の幕開けを感じさせる注目すべき取り組みだ。

容量や形式にとらわれることなく作品を発表できること、そして何より、アーティスト自身が自分の意思で自分の好きなように好きなタイミングで販売できるというのが、画期的なところなのだ。我慢することも都合に合わせる必要もなし、アーティストの意思を尊重することが最優先された、シンプルながらありそうでなかったサービスの誕生なのである。

◆七尾旅人オフィシャルサイト
◆「検索少年」ミュージックビデオコンテスト
この記事をツイート

この記事の関連情報