SEA BREEZE「瞬間、アセきゅん。」撮影は、凍える真冬で

twitterツイート
4月16日(金)から放送となった資生堂 SEA BREEZEのCMソングに、ROCK'A'TRENCHの新曲「言葉をきいて」が起用されている。同CMソングはチャットモンチー「風吹けば恋」、Base Ball Bear「BREEEEZE GIRL」と、いずれもヒットしており、「My SunShine」に続くブレイクが期待されている。

◆SEA BREEZE CM画像

2008年堀北真希、2009年北乃きいに続き、今回SEA BREEZEのCMに出演しているのは川島海荷だ。吹奏楽部に所属する高校1年生役を演じ、高原で行なわれる吹奏楽部の夏合宿の朝練での「瞬間、アセきゅん。」をキュートに演じている。

真夏のシーンを描いたCMだが、実は撮影は凍えるような真冬の空の下で行なわれた。鳥肌の立った素肌に、霧吹きで水をかけて、汗ばんだ夏の素肌を演出。震えながらも、終始笑顔で元気いっぱいにふるまう川島海荷の女優魂に、スタッフ一同が感嘆したという。微妙な恋ゴコロの演技では、監督もうなる演技を見せ、本人のカメラチェックでは「恥ずかしい~」と照れる一面も。

そしてそのバックを彩るのがROCK'A'TRENCHの「言葉をきいて」だ。

「もどかしさの中にある前向きなメッセージを、日常生活をキャンパスとして描きました」と書き下ろしたこの楽曲は、学園生活で、言葉で想いを上手く伝えられないもどかしさの中で展開される爽やかなストーリー仕立てのCMの世界観と絶妙にマッチ、爽やかで青春の風を感じさせてくれる。

「言葉をきいて」の着うた(R)は4月21日(水)からレコチョクにて、4月28日(水)からその他主要サイトにて配信スタートとなる。

◆SEA BREEZE CM映像
◆ROCK'A'TRENCHオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報