“愛くるしすぎるピアニスト”小林愛実、ショパン応援隊長に

twitterツイート

日本のみならず世界からも大注目を集める14歳の天才ピアニスト小林愛実が、タワーレコード渋谷店にやってきた。4月18日(日)渋谷店クラシックフロア(6F)にて行なわれたのは、<タワーレコード・ショパン・スペシャル・キャンペーン応援隊長>任命式と、インストアライブだ。

【関連画像】小林愛実画像

小林愛実は8歳でオーケストラと共演し、9歳で国際デビュー。世界のTOPピアニスト、アルゲリッチやキーシンも大絶賛し、クラシックの殿堂サントリーホール大ホールにて日本人最年少記録&女性ピアニスト最年少記録でコンサートを行なう14歳の巨人である。YouTube総再生回数は既に400万回を超え、注目は増すばかり。彼女の最新作品は2010年2月にリリースとなったデビューアルバム『小林愛実Debut!』だ。

この日の小林愛実は、ウエディングドレスをリメイクしたという白のドレスを身にまとい、拍手に包まれながら笑顔で登場。インストアライブ前に行なわれた任命式ではタワーレコード渋谷店のクラシック担当スタッフから任命証であるネームタグを首にかけてもらい、満面の笑みを見せた。

「ショパンについて一言」と聞かれた小林愛実は、「ショパンは私が一番好きな作曲家です!」と14歳の少女らしく元気に答えてくれた。

任命式では、少女らしさをのぞかせる表情やしぐさでオーディエンスの笑顔を引き出した小林愛実だが、いざライブ本番となると「スケルツォ 第2番 変ロ短調 作品31」や「エチュード 嬰ハ短調 作品10-4」「ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作」など、ショパンの美しい楽曲を情感たっぷりに披露し、会場に集まった沢山のファンはみな息を飲んだ。

「タワーレコード・ショパン・スペシャル・キャンペーン応援隊長」に任命されたアリス=紗良・オットが“美人すぎるピアニスト”なら、小林愛実は、14歳らしい少女らしさを見せつつ、名演奏で大人たちを魅了するギャップがたまらない“愛くるしすぎるピアニスト”。“ショパン応援隊”は鉄壁の布陣になってきたようだ。

<任命式&ライブ&サイン会>
2010年4月18日(日)17:00~
@タワーレコード渋谷店6F

◆小林愛実オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon