Honey L Days、ドラマ『タンブリング』主題歌をライヴ初披露

ツイート

学校一のヤンキー軍団がひょんな事から新体操部に入部し、成長していく姿を描いた正統派スポ根青春コメディー『タンブリング』(TBS系土曜よる7時56分放送)。この第一話放送終了直後に、Honey L Days(ハニー・エル・デイズ)が同ドラマ主題歌となっている新曲「まなざし」を都内ライヴハウスで初披露した。

【関連画像】Honey L Daysの最新アーティスト画像、ライヴの模様、『タンブリング』主題歌「まなざし」ミュージックビデオ

主題歌を担当するHoney L Daysは、バンド活動を行なってきたKYOHEI(Vo. / Gt)と、ゴスペル・グループに在籍し活動してきたMITSUAKI(Vo.)が、2003年春、舞台での共演をきっかけに結成したユニット。2008年9月3日にシングル「Go⇒Way / Center of the World」でデビューした。

山本裕典、瀬戸康史、そしてAAAの“にっしー”こと西島隆弘など、人気の若手俳優を中心にキャストを据えた『タンブリング』。ならば主題歌もフレッシュな若手で、というドラマ制作サイドからの熱い想いから、今回、Honey L Daysが大抜擢された。Honey L Daysは、ドラマに対して新曲「まなざし」を書き下ろしてドラマ制作サイドの期待に応えた格好だ。

ヴォーカルでギター担当のKYOHEIは、この日のライヴで「まなざし」を初披露する際に、「夢や目標に頑張っている人のキラキラとした瞳をイメージした曲なので、そんな真っ直ぐなメッセージが伝わればと思ってます。」とコメント。会場のオーディエンスを沸かせた。

Honey L Daysの新曲「まなざし」は、5月26日にシングルがリリース。これに先駆けて5月5日より配信がスタートする。

◆Honey L Days オフィシャルサイト
◆TBS系ドラマ『タンブリング』公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報