<LIVE SUPERNOVA 50DX>、期待の4バンドが最高のパフォーマンス

twitterツイート
▲THE BAWDIES
▲school food punishment
▲Base Ball Bear
▲ASIAN KUNG-FU GENERATION
4月18日(日)Zepp Tokyoにて、J-WAVE 81.3FM「TOKYO REAL-EYES」のプロデュースによるライブ・イベント<LIVE SUPERNOVA 50DX>が開催された。

【関連画像】<LIVE SUPERNOVA 50DX>THE BAWDIES、school food punishment、Base Ball Bear、ASIAN KUNG-FU GENERATIONライブ画像

<LIVE SUPERNOVA>は番組「TOKYO REAL-EYES」(毎週金曜日深夜24:00~28:00)が「新しい音楽=SUPERNOVA(超新星)との出会い」をテーマに毎月実施しているオリジナルイベントだが、今回は50回を記念して、会場をZepp Tokyoに移し、券売イベントで開催するデラックス版<50DX(フィフティ・ディーエックス)>と銘打たれ開催となった。

出演は、THE BAWDIES、school food punishment、Base Ball Bear、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの4組という、文句なしのラインナップ。当然のようにチケットは発売初日にソールドアウトし、会場は2700人の観客の期待感が充満、一触即発の熱気に溢れていた。

オープニングに登場したのはTHE BAWDIES。「今夜も最高のロックンロールパーティにしましょう!」とハイテンションに「IT’S TOO LATE」でスタート。「HOT DOGいかがですか~」「ハッピーを共有したいのですが、いかがですか~」と短くオーディエンスに話かけると次々に曲を演奏するスピード感のあるライブに超満員の客席もヒートアップし、クラップ、シャウトで一体になって応えた。ラス曲の「YOU GOTTA DANCE」ではオーディエンス全体がジャンプ、<LIVE SUPERNOVA 50DX>の幕開けを体現するロックンロールパーティが繰り広げられた。

続いてMCの藤田琢己がschool food punishmentを呼び込むと、一転してクールな雰囲気が会場を包みむ。

「school food punishmentです。今日はLIVE SUPERNOVA 50DXに呼んでくれてありがとうございます」と内村友美の一声とともに「future nova」でスタート。内村の透明感のあるボーカルとハードでノイジーなサウンドが作り出す独自の世界でオーディエンスを魅了。途中のMCでは、「私がいつも真ん中で味わっている気持ちを味わいたいと言ってる人がいるんです」とドラムの比田井修がMCを担当する一幕も。「sea-through communication」までオーディエンスを一気に惹きつけるライブを見せ付けた。

続いて登場のBase Ball Bearは、オープニングの曲とともに会場で大歓声がおこり、手をあげて4人の演奏に応えるオーディエンスに「Stairway Generation」「祭りのあと」「changes」を立て続けに披露。いつも通りの力強い演奏に小出祐介のスケール感のあるボーカル。途中「皆さんの右に見えますのがギターの湯浅将平です。」といった小出の独特のMCも健在。客席も始めから終わりまでノリっぱなしのBase Ball Bearの世界がギュッと凝縮された40分間となった。

ラストはASIAN KUNG-FU GENERATION。「新世紀のラブソング」「センスレス」「アンダースタンド」の3曲を演奏すると後藤正文が超満員の客席を見渡し「スゲーな。ありがとう」と一言。この日のセットには5月26日リリースの「迷子犬と雨のビート」6月後半に発売されるニューアルバムのタイトルチューン「マジックディスク」の2曲が入りオーディエンスにはうれしいプレゼントとなった。

自然発生的に沸き起こる大歓声、クラップ、会場全体でのジャンプ。アジカンのライブの魅力を存分に味わえるステージは、「ニューアルバムはすごくいいものができた。ちょうど2010年で区切りがいいし、俺2010年からやれるかもって思う。せっかく暮らすんなら前向きのほうがいい」とのメッセージとともに大ヒット中の「ソラニン」でステージを後にした。…ものの、鳴り止まぬ拍手に再び登場。「君という花」のアンコール曲を最後に、4組のバンドの4つの魅力が堪能できる大満足のイベントとなった。

50回目の記念すべきこの<LIVE SUPERNOVA>の様子は、4月23日金曜日24:00~J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」でオンエアとなる。

<LIVE SUPERNOVA 50 DX>
2010年4月18日(日)
@Zepp Tokyo
MC:藤田琢己(J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」ナビゲーター)
●THE BAWDIES
1.IT’S TOO LATE
2.HOT DOG
3.KEEP YOU HAPPY
4.EMOTION POTION
5.I’m In Love With You
6.I’M A LOVE MAN
7.KEEP ON ROCKIN’
8.YOU GOTTA DANCE
●school food punishment
1.future nova
2.you may crawl
3.light prayer
4.sea-through communication
●Base Ball Bear
1.Stairmay Generation
2.祭りのあと
3.changes
4.ホワイトライト
5.ドラマチック
6.CRAZY FOR YOUの季節
7.LOVE MATHEMATICS
●ASIAN KUNG-FU GENERATION
1.新世紀のラブソング
2.センスレス
3.アンダースタンド
4.迷子犬と雨のビード
5.ブルートレイン
6.惑星
7.マジックディスク
8.振動覚
9.リライト
10.ソラニン
EN君という花

◆J-WAVE 「TOKYO REAL-EYES」サイト
◆THE BAWDIESオフィシャルサイト
◆school food punishmentオフィシャルサイト
◆Base Ball Bearオフィシャルサイト
◆ASIAN KUNG-FU GENERATIONオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス