80年代アンダーグラウンド・シーンを駆け抜けたASYLUM、蘇る

twitterツイート
1985年の結成以降、ハードコア/プログレ/民族音楽とボーダーレスの極みを尽くしたサウンドと、陰鬱とした内省的な暴力衝動が爆発するかの如き楽曲で、80年代のアンダーグラウンド・シーンを駆け抜けた伝説のバンド、ASYLUM(アサイラム)。

彼らが2010年に、結成25周年を迎える。

1987年、トランスレコードよりリリースされた1stアルバム『CRYSTAL DAYS』はインディーズ・チャートの1位を軒並み獲得、その後、まもなくビクターからメジャーデビュー。活動期間こそ短かったものの、数々の作品を残し、カリスマ的なポジションに位置付けられていたバンドである。

そんなアサイラムがメンバーを一新しての再始動を果たす。オリジナル・メンバーでありバンドの中心人物でもあるヴォーカルのGazelleを中心に、Bass/Celloのしゃあみん(マリア観音/吉原炎上他)、DrumsのKANNO(COALTAR OF THEDEEPERS/DEMONS他)という百戦錬磨のラインナップを敷き、年内に実に18年振りとなるオリジナル・アルバムをリリースするという。

2010年5月からは、過去のオリジナル音源、未発表のレア音源をデジタル化し、一挙に世界配信を開始する。1stアルバム『CRYSTAL DAYS』をはじめ、順次作品を配信していくようだ。2010年5月3日には新宿ウルガにてライブを行なうが、入場者にはASYLUM LIVE DVD「2009 BEST TAKES」が無料配布されるとか。

伝説の再生、その息吹を実体験してもらいたいところだ。

2010年5月3日
@URGA 10th ANNIVERSARY - 新宿ウルガ10周年
※入場者にASYLUM LIVE DVD「2009 BEST TAKES」無料配布
http://www.urga.net/

◆ASYLUMオフィシャルサイト
◆ASYLUMマイスペース
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報