サイプレス・ヒル、ヒップホップ&ロックのミクスチャー最強傑作

twitterツイート

サイプレス・ヒルが6年ぶり待望のニュー・アルバム『ライズ・アップ』をリリースした。

サイプレス・ヒルは、米カリフォルニア発のヒップホップ・グループ。LA出身チカーノ系のB-リアル(B-Real)、キューバ出身のセン・ドッグ(Sen Dog)、ニューヨーク出身イタリア系のDJマグズ(DJ Muggs)という多様な人種の3人で結成。1991年にヒップホップ・グループとしてデビュー、そのミクスチャー的サウンドはロック・ファンからも高く評価され、サポート・パーカッショニストであったエリック・ボボ(Eric Bobo)(ジャズ・パーカッショニスト、ウィリー・ボボの息子)が90年代中期に正式メンバーとして加わった。最近は、ライヴDJとしてフリオG(DJ Julio G)が起用されている。

最新作『ライズ・アップ』はスヌープ・ドッグ率いる西海岸ヒップホップ最重要レーベル、プライオリティ・レコーズ移籍第一弾となるものだが、特筆すべきに、超豪華ゲスト陣の面々がある。

ロック界から、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、リンキン・パークのマイク・シノダ、システム・オブ・ア・ダウンのダロン・マラキアン。ヒップホップ界からはピットブル、アルケミスト、ダイレイテッド・ピープルズのエヴィデンスらが参加。ミクスチャー最高峰サイプレス・ヒルでしか実現し得ない客演陣だ。

新作からのリード・トラックとなっているアルバムタイトル曲「ライズ・アップ」ではトム・モレロをフィーチャリング。レイジ初期のツアーに彼らが参加した頃からの長い付き合いで、レイジ活動休止前のライヴでは、サイプレスの楽曲をレイジ・ヴァージョンでパフォーマンスするなど、お互いをリスペクトする関係にある。もちろんここでもその相性の良さは抜群だ。

「昔からの友であり同志であるヤツらと一緒に、モンスター・トラックを作りあげることが出来て、最高の気分だよ。サイプレスが大暴れしに帰ってきたぜ!」──トム・モレロ

盟友であり、移籍先プライオリティ・レコーズのクリエイティブ・チェアマンに就任したスヌープ・ドッグからも一言。「音楽史上、最も重要なヒップホップ・グループの一組であることは紛れも無い事実だよ!ウエストコースト発だしな!」と太鼓判。

サイプレス・ヒルの『ライズ・アップ』、チェックを。

『ライズ・アップ』
TOCP-66943 SPECIAL PRICE \2,200(税込)
1.イット・エイント・ナッシン feat. ヤング・ディー
2.ライト・イット・アップ
3.ライズ・アップ feat. トム・モレロ
4.ゲット・イット・エニウェイ
5.パス・ザ・ダッチ feat. エヴィデンス&アルケミスト
6.バング・バング
7.K.U.S.H.
8.ゲッテム・アップ
9.キャリー・ミー・アウェイ feat. マイク・シノダ
10.トラブル・シーカー feat. ダロン・マラキアン
11.テイク・マイ・ペイン feat. エヴァーラスト
12.アイ・アンリミテッド
13.アームド&デンジャラス
14.シャッテム・ダウン feat. トム・モレロ
15.アルマーダ・ラティーナ feat. ピットブル&マーク・アンソニー
16.ライズ・ライク・スモーク (日本盤ボーナス・トラック)

◆サイプレス・ヒル・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon